お宮参り着物は誰が買うの?購入する場合の相場やいつ買うもの?

Spread the love

お宮参りは赤ちゃんの誕生を産土神様に報告し、健やかな成長を祈るために行います。

お宮参りの時の赤ちゃんの正式な衣装は着物です。この着物は誰が買うものなのでしょうか??

また、いつ買うのか、どれくらいの相場のものが必要か、購入する以外の方法はあるのか、などの疑問にお答えしていきたいと思います^^

お宮参りとは?着物はどんなもの着ればよい?

お宮参りとは、生まれた子供の健やかな成長を祈って、生まれた土地の守り神様である産土神様に参拝する行事です。

その時の赤ちゃんの正式な衣装はどんなものなのでしょうか。

まず肌着の上に白羽二重の内着を着せます。
父方の祖母が赤ちゃんを抱いた状態で、晴れ着を羽織らせ、祖母の首の後ろで付けヒモを結びます。
晴れ着は、男の子なら「のし目模様」の紺色掛け着または黒羽二重の紋付等、女の子なら「友禅模様」の掛け着等です。

お宮参り 赤ちゃんの着物は誰がいつ買う?

お宮参りの赤ちゃんの着物を誰が買うかは、地域の風習や各家庭の考え方によって違います。

一般的には、性別にかかわらず、母方の実家が用意することが多いようですが、地域によっては男の子には父方から贈るということも。最近では子供の両親が自分たちで用意するケースも多く、風習にとらわれず皆で相談して決めるのが良いでしょう。

どちらかの実家が、お宮参りの着物について強い思い入れを持っている場合もあります。最終的には子供の両親が決めることですが、両家の意向を十分に伺い、しこりが残らないようにしたいですね。

また、着物はいつ買うのがいいのでしょうか??

最近では出産前に子供の性別がわかるため、生まれる前から準備を勧められることもあります。しかし、生まれたら事前に聞いていた性別と違ったということも稀にあります。特に着物を購入する場合、男の子は家紋を入れるため、返品や交換はできません。

お宮参りの着物は仕立てにたいして日にちがかからないので、子供が生まれてから準備する方が無難です。


お宮参りの着物の相場は?

お宮参りのものに限らず、着物はもともと値段の幅が広い商品です。

一般的に販売されているものは3万~5万円くらいですが、グレードを上げれば10万円に近いものも。逆に、アウトレットや中古を探せばもっとお手頃な値段で準備することができます。

着物をレンタルする場合、お店によって値段の差はありますがだいたい1万~2万円台です。

貸衣装店で借りることもできますが、最近ではネットレンタルを利用する方が多いです。また、一部の写真館では、お宮参りの記念撮影をすると、お参り用の着物やスタイなどを無料で貸してくれる所もありますよ。

また、購入、レンタルいずれの場合にも注意したいのは、表記されている値段に何が含まれているかという点。

お宮参りは着物のほかに、スタイや帽子、守り袋などの小物が別に必要となります。表示の値段が着物単体だけというケースも多いので、しっかり確認してください。

お宮参りの着物は購入、レンタルどっちがいい?

さて、お宮参りの着物は購入するのとレンタル、どちらがいいのでしょうか?

それぞれのいいところをまとめてみます。

購入する場合

まず購入する場合、手元に残るので兄弟や姉妹、孫の代まで大切に残すことができます。

また、お宮参りの着物は、仕立て直しをして3歳または5歳の七五三で着ることができます。このように仕立て直したり、引き継いだりした着物には特別な思い入れが生まれ、大切な思い出の品となることでしょう。

レンタルする場合

レンタルの場合、購入よりもずっと安い値段で揃えることができます。

また、準備の手軽さも魅力。ネットレンタルであれば写真で好きな色柄を選ぶだけで自宅に届き、返却も着払いOKというところが多いです。また、着物は使用後のメンテナンスや保管に気を使いますが、レンタルであれば、その手間は一切かかりません。

購入もレンタルも、それぞれにいいところがあります。自分の家族の状況に合う方を選んでくださいね。

スポンサードリンク




まとめ

お宮参りの赤ちゃんの着物をどうするかは、最近では風習にとらわれずに、話し合って決める家庭が多いようです。

赤ちゃんの健やかな成長を願う気持ちを第一に、皆で話し合い、家族にとって一番いい形が見つかるといいですね。

最近は出張カメラマンが流行っていますので、お宮参りの時にも第3者のカメラマンに撮ってもらって、素敵な写真を残すのもおすすめです。特に出張カメラマンはfotowaがおすすめで人気です。


Spread the love