お盆でお供えするお菓子の金額や人気は?お菓子以外のおすすめもご紹介♪

Spread the love

お盆には、ご先祖様や亡くなった方が現世へ戻ってくる期間ですよね。ご先祖様や亡くなった方が好きだった物を用意してお盆を迎えることが多いのですが、どんな物が多いのでしょう。

昔はくだものや水菓子が多かったようですが、最近では少し様変わりしているようです。お菓子が以前人気のようですが、お菓子以外にもおすすめはあるのでしょうか。金額も気になりますよね。

お盆でお供えするお菓子の人気、お菓子以外にも金額も調べてみましょう。

お盆のお供え物について

お盆のお供え物として品物を用意する時に、品物をむき出しにして贈るのは大変失礼にあたります。

掛紙(かけがみ)を品物に掛けるようにしましょう。

現在では、印刷した掛紙が用意されている事が一般的です。慶事には「のし」が印刷されていますが、弔時の場合は「掛紙」です。

掛紙の水引は、一度切りの意味を混めて「結び切り」を用います。
色は黒白、または双銀、黄白などが使われます。

地域によって違いますから、品物を買う売り場の人に尋ねたり、実家で聞いてみたりするといいでしょう。

お供え物の表書きですが、宗派などによって色々ありますが、全ての宗派に使える便利な表書きが「御供」です。

自分の実家に渡す時などは、名前を入れない「無地のし」を選んでもいいですが、それ以外の場合は、きちんと表書きや名前を入れましょう。

品物によって、掛紙を掛にくい場合には、短冊を用いる場合もあります。これは特に失礼ではありませんので、問題はありません。

お供えはどんなものがいいの?

基本的にお供え物は、先祖や故人が生前好きだったものをお供えするのが一般的です。

お供え物には、お仏壇の中心にいる仏様に対して感謝の思いや敬意を表してお供えをするという意味もあります。

基本的に、お盆の期間中に仏前にお供えしておけるように、日持ちするものが好まれます。菓子折りなどのお菓子は日持ちしますし、包装されているので、お寺に持って行く場合などにも失礼がないので、選ばれることが多いです。

お寺に持って行く場合には、先述しました「日持ちするもの」が基本です。例えば、おせんべい、饅頭、羊羹、クッキーなどのお菓子が一般的です。

実家や知り合いのところへ持って行く場合には、お菓子、くだもの、お線香、花束、故人が好きだったものが一般的です。

お盆の際に帰省する場合も多いと思いますので、住んでいる土地の特産品などをお供え物にするのもいいですね。

お供え物の相場

お盆のお供え物として品物を選ぶ場合の相場は大体3,000~5,000円が一般的です。お盆は毎年のことなので、無理のない金額のものを選びましょう。

お供え物として、品物ではなく、お金を包む方もいらっしゃいます。
お菓子などの品物をたくさん頂いたり、食べきれない場合もあったり、処分に困る事もあるので、お金の方がいい場合もあります。

お金を包む場合にも、同額の3,000~5,000円くらいがいいでしょう。
表書きは「後仏前」「御供物」が一般的です。

お供え物の人気

最近のお盆のお供え物、人気はどんなものでしょう?

いつかあげてみますね。

和菓子・おせんべい

 

10種類のお菓子が22個入った豪華な詰め合わせです。どんな人にも喜んでもらえそうなセットなので、安心ですね。

お寺に持って行くお供えにも喜ばれそうですね。

 

日持ちするというと、やはりおせんべいが喜ばれますね。
持って行くのも軽いので、助かりますね。

 

水ようかんやゼリーの入った詰め合わせです。

大体、お盆の時期はとても暑いので、冷たく食べられるものは喜ばれますよね。しっかり日持ちもしますし、昔から人気があるようです。

洋菓子

 

クッキーの詰め合わせです。

数も多いので、ご家族や親族が多い方へのお供えに喜ばれます。
個包装ですし、日持ちもするので、助かりますね。

 

お餅をサンドしたマカロンの詰め合わせです。
5個入りの1セットが1,000円、2セットが2,000円…となっているので、予算も会わせやすいですね。

くだもの

 

旬のくだものの詰め合わせが通販で手に入ります。

キレイな包装紙と透明なセロファンでの包装が選べるので、暑い夏でも便利です。頂いたご家族もこんな詰め合わせ、嬉しいですよね。

 

お供え用のカゴ付きのくだもの詰め合わせです。

季節のフルーツはもちろんほぼ一年中メロンを入れてもらえます。
色とりどりのくだものは、見た目にも豪華ですよね。

その他

 

枯れない花プリザーブドフラワーのアレンジです。

暑い夏が多いお盆の時期にきれいな花が長持ち出来たらいいですよね。故人の好きな色目が選べるのも便利です。

ガラスドームに入っているので、ホコリから守ってくれますし、仏壇にも飾りやすいサイズです。

 

白系のお花を中心にまとめたアレンジと線香のセットになります。

お世話になった方や好みの分からない方へのお供えにはいいんじゃないでしょうか。お花は白系にプラスしていくつか色味を選ぶ事も出来ます。

まとめ

お盆のお供え物は、やはりなやみますよね。でも、大切なのは、品物よりも気持ちが大切です。品物よりもお金の方が気遣い出来る場合もあるので、状況に応じて判断しましょう。


Spread the love