ゴールデンウィーク(GW)に子連れで行ける東海穴場おすすめ5選!夏休みにも!

Spread the love

今年のゴールデンウィークGWの予定は決まりましたか?子連れでお出かけや遊びだと、近場が便利ですよね。東海地区でGWに子連れ家族で楽しめるおすすめの場所はどんなところがあるでしょう。

どこ行っても人人人のGW。出来れば人の少ない穴場がいいですよね。東海地区で、子連れに便利で、お出かけや遊びの穴場5選をご紹介します^^

こちらは夏休みにもおススメの穴場スポットになりますので日帰りで気軽に遊べる場所を探していたら、是非行ってみてくださいあ^^

GW子連れ穴場その1 掛川花鳥園

静岡県の掛川にある鳥と花のアミューズメントスポットです。

入園料を払うと、迫力あるバードショーやすぐ目の前で泳ぐペンギンを見る事が出来ます。

約2000鉢の満開の花も出迎えてくれます。

園内全体がバリアフリーなので、体の不自由な方や車いす、ベビーカーの方にも楽しめます。フクロウや鴨、クジャクやペンギン、最近人気のオオハシやハシビロコウにも会えますよ。

住所:静岡県掛川市南西郷1517
電話番号:0537-62-6363
営業時間:9:00~16:30(最終入園は閉園30分前まで)
土日祝日、GW、お盆、年末年始は9:00~17:00
定休日:年中無休
料金:大人1,200円(中学生以上)
小学生550円
シニア950円(60歳以上)
駐車場:400台(無料)
公式hp:http://k-hana-tori.com/

GW子連れ穴場その2 大高緑地

ゴールデンウィーク(GW)に子連れで行ける東海穴場おすすめ5選!夏休みにも! 1画像出展:https://www.aichi-koen.com/odaka/odaka-shisetsu/kyoryu-hiroba/

 

芝生公園だけでなく、ゴーカートが走る交通公園やボートが楽しめる池、ベビーゴルフ場まで揃っている公園です。

さらにテニスコートや野球場、プールもあり、一年中楽しむ事ができます。四季折々の花や草木もあり、いつでもお花見ができちゃいます。

さらに2016年7月から始まったディノアドベンチャー名古屋では、本物と見間違える恐竜ロボットが待ち受けるテーマパークが用意されています。

恐竜好きな子にはたまらないですね。公園内に入るには入場無料なのも嬉しいですね。

住所:愛知県名古屋市緑区大高町字高山1-1
電話番号:052-622-2281
営業時間:入園自由
交通公園:9:00~16:30
恐竜広場:10:30~15:30
ベビーゴルフ:9:00~15:30
デイキャンプ場:10:00~16:00
定休日:有料の施設は、毎月月曜日(祝日と重なる場合は最初の平日)
12月29日~1月3日
料金:無料
駐車場:1,300台(無料)
公式hp:https://www.aichi-koen.com/odaka/

スポンサーリンク

GW子連れ穴場その3 河川環境楽園オアシスパーク

東海北陸自動車道「川島PA(下り)」に隣接する大きな公園です。

ゴールデンウィーク(GW)に子連れで行ける東海穴場おすすめ5選!夏休みにも! 2画像出展:http://www.oasispark.co.jp/map/index.html

木曽川に囲まれた立地にあることから、世界最大級の淡水魚水族館「アクア・トト岐阜」も敷地内にあります。

他にも魚型の遊具や水遊びが楽しめる公園があったり、巨大迷路やスタンプラリー、観覧車などがあり、一日中楽しめる事が出来ます。

フードコートもあるので、手ぶらでフラッと遊びに行けますね。さらにGWには宝石探しや移動動物園などのイベントが予定されていますよ。

木曽川も通っていたり、小さいお子さんでも遊べる水場もありますので夏休みの子供たちの遊び場にも最適です☆

住所:岐阜県各務ケ原市川島笠田町1564-1
電話番号:0586-89-6766
営業時間:9:30~22:30
国営公園休園日は19:00まで
1/2~3/20は19:00まで
大観覧車は10:00~22:00まで
定休日:4/10 6/12 7/10 12/11 1/9 2/13 3/12(点検のため)
料金:入園無料(大観覧車等有料施設あり)
駐車場:無料
公式hp:http://www.oasispark.co.jp/

GW子連れ穴場その4 霞ヶ浦緑地

ゴールデンウィーク(GW)に子連れで行ける東海穴場おすすめ5選!夏休みにも! 3

三重県の四日市にある野球場や四日市ドーム、公園などが揃った複合施設です。

宝島をイメージした「霞☆ゆめくじら」は、幼児向け~誰でも楽しめるゾーンで構成されている児童遊園です。

遊びきれないくらいたくさんの遊具が用意されていて、年代別に分かれているので、小さなお子さんでも安心して遊ぶことができますよ。

海岸側では釣りも楽しめますし、夜は夜景がとてもキレイなんですよ。

緑地の隣に霞ケ浦プールもあり、50m、25mプール、流水プール、幼児用プールと幅広い年齢層に対応したプールになっています。

GWにはオープンしていませんが、7月初旬からオープンしますので、安くて子連れにとてもおすすめのスポットです。

住所:三重県四日市市羽津甲
電話番号:059-354-8197(市街地整備・公園課公園係)
営業時間:24時間
定休日:年中無休
料金:無料
駐車場:無料
公式hp:http://www.city.yokkaichi.mie.jp/ryokuchi/kasumi/main.html

スポンサーリンク

GW子連れ穴場その5 鞍が池公園

海環状道の鞍が池PAに隣接する公園です。

鞍が池PAや近くの駐車場からてんとう虫をイメージした電車で公園に行く事も出来ます。

とても広い敷地の中には、動物園や植物園、牧場や芝生広場もあり、暑い時期には嬉しい室内のプレイハウスもあります。鞍が池ではボートに乗る事も出来ます。

パーキングエリアに隣接する事から、遠方の方と待ち合わせるにも便利ですよ。水遊びが出来るエリアもありますので、着替えを持参すると思いっきり遊べますね。

住所:愛知県豊田市矢並町法沢714-5
電話番号:0565-80-5310
営業時間:9:00~17:00
定休日:無休(動物ふれあい広場、植物園は毎月曜日、12/29?31は休館日)
(子どもプレイコーナー、動物園は12/29?31は休館日)
料金:無料(公園内の一部乗り物は有料)
駐車場:無料(877台)
公式hp:http://www.city.toyota.aichi.jp/shisetsu/sports/kouen/1007430/index.html

まとめ

いかがでしたでしょうか?

よく知られている観光名所よりも若干人手が少ない穴場じゃないでしょうか。マイナーと言えばマイナーかもしれませんが、子連れでも十分楽しめる場所だと思います。

長島スパーランドや水族館などは別な土日に行くとして、少し場所をずらしてみるだけで、人だらけで疲れたということは避けられそうです。

ゴールデンウィークGWでしたら、それぞれの施設でイベントが行われる事もあると思います。子どもだけじゃなく、大人も楽しいゴールデンウィークになるといいですよね^

プールなどが併設されている場所もありますので、夏休みに日帰りで楽しむスポットとしてもおすすめです。


Spread the love