妊娠検査薬のフライングで陰性からその後陽性になる場合はある?

Spread the love

妊娠しているかどうかを簡単に調べられる「妊娠検査薬」。最近のものはとても精度が高く、99%の正確性があるともいわれます。

しかしそれは、正しい検査時期に調べた場合。それでは、妊娠検査薬を早い時期に使った場合、いわゆる「フライング」した場合、その結果はどのようになるのでしょうか。

妊娠検査薬はいつから反応でる?

女性の体内では、妊娠すると「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンが急激に分泌されます。

妊娠検査薬は、尿に含まれるhCGホルモンに反応し、妊娠を判別します。規定値よりもhCGホルモンが多く含まれていると、陽性反応が出るという仕組みです。

妊娠検査薬はいつから反応が出るかというと、一般的には「生理開始予定日の1週間後以降」というものがほとんどです。

妊娠検査薬はこのタイミングで使わないと、正確な結果が得られません。でも、妊娠しているかどうかを早く知りたくて、生理が来ないから…と1週間待たずに検査薬を使った方もいるかもしれません。

このようにフライング検査をした場合の結果は、どのように考えればいいのでしょうか。

妊娠検査薬をフライング検査をした場合はどうなる?

フライング検査をした場合、陰性、陽性どちらでも「正確な結果」ではありません。

ここではフライング検査での陰性・陽性の結果について、どんな可能性があるのかをまとめました。

妊娠検査薬が陰性の場合について

妊娠検査薬で正確な判断ができるのは、正しい検査時期に使用した時です。ですからフライング検査で
結果が陰性でも、妊娠している可能性は十分にあります。
陰性から陽性へ、結果が変わる方も少なくないのです。

人によっては妊娠の超初期からつわりの症状が出ることもありますので、吐き気などを感じる場合などは特に気を付けて、その後正しい検査時期に再度調べてください。

また、ストレスなどで排卵日が遅れ、そのつもりがなくてもフライングとなってしまっていることも。

正しい検査時期に結果が陰性でも、思い当たることがある、生理が来ない、吐き気がある、などの場合は再度検査をした方がいいでしょう。

妊娠検査薬が陽性の場合について

フライング検査で陽性反応が出た場合、妊娠している可能性があります。

人によってhCGホルモンの濃度が高くなる日数は違うため、生理予定日前でも陽性反応が出ることがあるからです。

また、最近の妊娠検査薬は精度が高く、陽性反応が間違いの確率はとても低いです。

ただし、フライング検査での陽性反応は、正常な妊娠以外の可能性も0ではありません。それが「化学流産」のケースです。

化学流産とは、
受精卵が子宮内膜に着床したものの、妊娠を継続できずに排出されてしまうことです。このような場合でも、妊娠検査薬では薄い陽性の線が出ることがあります。

また、不妊治療を受けていると、hCGホルモン注射をすることがあります。これが体外に排出される前に妊娠検査薬を使うと、妊娠していなくても陽性反応が出てしまいます。

受診のタイミングはいつがベスト?

フライング検査の結果が陰性・陽性どちらであっても、その後正しい検査時期に、再度妊娠検査薬を
使って調べてください。その結果が陽性の場合、産婦人科の受診が必要となります。

妊娠検査薬の結果はあくまで目安です。

病院で、医師が超音波で胎嚢の音を聞いたり、胎児の心拍を確認したうえで「妊娠確定」となります。

胎嚢が確認できるのは妊娠6週頃からといわれていますので、このころに病院に行くのがよいでしょう。

受診が早すぎると、胎嚢が確認できないなどで再度受診することになったりしますが、何か異常がある場合は早期発見・早期治療が望ましいので、病院に行くのが遅いのも良くありません。

このころは本当にいろいろ不安になったり、一喜一憂する時期です。病院へ行ってもなかなか胎嚢が確認できないこともあり、不安になります。

胎嚢が確認できても心拍が確認できるまでも不安の日々です。心拍こそが妊娠になりますので、まずは心拍確認を目指しましょうね。

おわりに

妊娠検査薬での「フライング検査」について、結果によってどのような可能性があるのかをまとめました。

妊娠しているかどうかを早く知りたい気持ちもわかりますが、正しい判定結果によるその後の適切な行動のためにも、妊娠検査薬は正しい検査時期に使うことをお勧めします。

妊娠の前から葉酸摂取はママのお仕事です!


妊娠検査薬のフライングで陰性からその後陽性になる場合はある? 2


Spread the love