成田山新勝寺で初詣 混雑を避ける時間帯はいつ?参拝人数はどれくらい?

Spread the love

成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)は初詣の参拝人数が毎年300万人、全国で2位というお寺です。
この人気の成田山新勝寺に行く前に是非攻略ポイントを、初詣、混雑を避けるポイントの参拝の時間帯についてみておきましょう!

スムーズにお参りするには、いつ参拝するのがいいのでしょうか?

スポンサーリンク

成田山新勝寺とは?!

成田山新勝寺は、千葉県成田市にある真言宗のお寺。

正式名称は「真言宗智山派大本山成田山新勝寺」ですが、「成田山新勝寺」「成田不動」と呼ばれることが多いようですね。歌舞伎の市川宗家の屋号「成田屋」の由来にもなっているお寺なんですよ。

成田山は1080年以上の歴史があります。ご本尊は弘法大師が開眼したと伝えられる不動明王。光明堂の裏にある奥の院には、大日如来もお祀りされています。5つの国指定重要文化財がある境内は20万平方メートルと広大で、大本堂も約300畳という広さ!

広大な敷地面積に加え、成田山は1度に大人数を受け入れられる施設が整っている全国でも数少ないお寺です。そのためツアー客が多く、また成田空港が近いので、外国人観光客も多いのが特徴です。

 

成田山で初詣!混雑を避ける時間帯はいつ?

成田山新勝寺は、初詣の参拝人数が毎年約300万人!これは全国で第2位の数字です。

それじゃあ、三が日は大混雑、本殿にお参りするまで何時間かかるのやら…と思うかもしれません。確かに、混雑する時間帯はそれは大変です。でも、何しろ広大な成田山。ピークの時間帯を避ければ、比較的スムーズに参拝することができるんです!

さて、混雑がピークの時間帯はまず、年が明けてすぐの1日0~3時。そのあとは1~3日の9~15時です。この時間帯はツアーの団体客が来ることも。

ピーク時は、JR成田駅から表参道を通って大本堂に参拝するまで約90~120分はかかります。しかもその間、ずーっと人混みの中にいることになるわけですから、それは疲れますよね…。

混雑を避けて参拝するなら、おすすめは1日の3~9時。特に早朝はすがすがしく、初詣にふさわしい空気の中でお参りできますよ。

次におすすめなのは、15時以降の参拝。ただ、この時間帯は表参道が混雑している可能性があります。

22時を過ぎると、表参道の屋台やお店は閉まるところが多く、人通りはぐんと少なくなります。そして1月4日以降になるとツアー客が少なくなり、混雑は落ち着いてきます。

 

スポンサードリンク




ここも押えておきたい!成田山で初詣のポイント

成田山までは電車がおすすめ

成田山新勝寺で初詣の場合、電車の利用がおすすめです。

なぜなら、成田山周辺の道路は大みそかから1月中は交通規制が行われるから。そのため表参道
沿いの市営駐車場は利用できず、交通規制区域外の駐車場も常にほぼ満車状態です。周辺の民間駐車場もありますが、1000円以上とお高め。

一方JR成田線、京成本線はともに、成田山初詣参拝客と成田空港行きの海外旅行客を見込んで、臨時列車が運行されます。

各方面から快速や準急など、成田方面にアクセス性が良いように増便されたり、三が日は終日運行される線も。やはり、成田山で初詣は電車が断然おすすめですよ!

 

屋台、お店を楽しむ

初詣に加えて、屋台を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

初詣期間中、JR成田駅から成田山新勝寺までの表参道と、境内にはたくさんの出店が並びます。もちろん、表参道の商店街も営業していますよ。

営業時間は12月31日23時頃~1月1日23時頃。1月2日以降は9時頃~22時頃まで営業の屋台・お店が多いようですが、一部、三が日は24時間営業をしているところも。1月31日まで屋台の営業があり、表参道と境内はにぎやかです。

防寒対策をしっかりと!

成田山周辺は、初詣の時期は大変冷え込みます。深夜、早朝の参拝ならなおさら。

服装は、防寒対策をしっかりして出かけましょう。使い捨てカイロや温かい飲み物を持参するのもおすすめ。3ヶ日は、表参道の商店が朝早くから営業していて、屋台の営業前の時間帯でも温かい甘酒や蒸したて饅頭などを販売しています。店内で暖を取らせてくれるお店もありますよ。




おわりに

初詣の参拝人数全国2位の成田山新勝寺。混雑がイヤ・・・と敬遠しないで!時間帯を選べば、比較的ゆったりとお参りできますよ。初詣はぜひ、千葉県の成田山新勝寺へ!

千葉の初詣で人気ランキングや穴場、カップルにおすすめはこの神社!


Spread the love