濃尾大花火2019穴場や場所取りにベストはどこ?駐車場情報もこちら!

Spread the love

2019年の花火大会に濃尾大花火大会はいかがでしょう?

宮や羽島から行きやすいし、花火だけではなく木曽川の川面にうかぶ提灯をつけた「まきわら舟」も幻想的でオススメなんですよ。

出来れば、早めの時間に場所取りしてでも見に行きたいですね。

2019年の濃尾大花火大会について、時間や駐車場、アクセスや最寄り駅などなど、しっかり調べてみましょう。もちろん、打ち上げ数やシャトルバスなども調べちゃいましょう。

濃尾大花火大会の概要

濃尾大花火大会は、愛知県一宮市と岐阜県羽島市が県を超えて共催する珍しい花火大会です。

実は、1892年から始まった110年以上歴史のある花火大会です。ビックリですよね!

花火大会前日は、一宮市役所尾西庁舎で前夜祭が開かれて、天筒花火などが披露されているそうです。

花火の見どころはスターマインやワイドに打ち上がる逆ナイアガラ、そして木曽川の川面をいろどる提灯がついた「まきわら舟」尾張地方随一の大きさを誇る2尺玉はホントにオススメなんですよ。

濃尾大花火大会の日程について

濃尾大花火大会の日程は以下の通りです。

お盆休み期間中に行われますので、多くの方が訪れる花火大会になっています。打ち上げ花火数は多くはありませんが、2尺玉という特大花火が目玉です♪

開催日:2019年8月14日(水) 19:30~20:45 ※荒天予備日あり
開催場所:濃尾大橋北 木曽川河畔
打ち上げ数:約5,000発

濃尾大花火大会 アクセス、駐車場&シャトルバス

濃尾大花火大会へのアクセスをご紹介します。

正木堤外運動場で濃尾大花火大会は開催されます。

電車の場合

○JR尾張一宮駅からバスで15分 起工高・三岸美術館前下車 徒歩約20分
○名鉄一宮駅からバスで15分 起工高・三岸美術館前下車 徒歩約20分

車の場合

名神高速道路 岐阜羽島ICから県道大垣一宮線経由 約15分
東海北陸道 一宮西ICから県道大垣一宮線経由 約10分

無料駐車場

無料駐車場が用意されています。ありがたいですね。
それでも、早い時間に満車になってしまうこともあるので、早めに行きましょう。

○不二羽島文化センター(羽島市文化センター)
○羽島市役所
○真如苑

シャトルバス

濃尾大花火大会には有料シャトルバスが運行しています。

往路1人300円(中学生以上)150円(小学生)ですが、復路は無料です。

発着所は以下の場所です。

○不二羽島文化センター(羽島市文化センター)
○名鉄羽島市役所前駅
○羽島市役所本庁舎南
○真如苑

往路は各発着所から18:00~19:40(随時)出発しています。復路はFUKUJUスポーツパーク西駐車場から20:00~21:15(随時)出発します。花火会場までは徒歩約15分です。

花火大会終了後は、交通渋滞などによりシャトルバスが大変混み合います。

徒歩での帰宅がオススメです。ちなみに花火会場から各駐車場までの時間です。意外と歩くので注意です。

○花火会場→不二羽島文化センター 徒歩約40分
○花火会場→名鉄は島市役所前駅 徒歩約35分
○花火会場→羽島市役所本庁舎南 徒歩約30分
○花火会場→真如苑 徒歩約20分

濃尾大花火大会 穴場スポット

イオンモール木曽川

花火会場から距離が少しありますが、屋上から花火が楽しめます。

小さなお子様連れの方には買い物がてら楽しめるのがありがたいですね。

当日は花火大会の駐車場&シャトルバス発着所に設定される場合もあるので、早めに行きたいところです。

尾張猿田彦神社

この神社では当日お祭りが開催されています。

屋台で楽しみながら花火を見る事が出来ます。花火が終わった後には雅楽の演奏が行われていたり、夏のお祭りの余韻に浸れそうです。

まとめ

濃尾大花火大会は、木曽川をはさんで一宮市と羽島市のどちら側からでも迫力ある花火が楽しめ、毎年20万人以上の見物客が訪れます。

当日は交通規制も予定されているので、早め早めの行動で、ゆっくり花火を楽しめるといいですね。

天気が良ければ、浴衣で見に行きたいところですね。素敵な夏の思い出が作れますように^^


Spread the love