赤ちゃんが風邪で離乳食を食べない時はどうする?対処法やおすすめ方法は?

Spread the love

いつもはモリモリ離乳食を食べていた赤ちゃんが、風邪をひいて急に離乳食を食べなくなったら心配ですよね。

食べない時は風邪がひどくなっちゃうんじゃないかなどと、親としたら不安になってしまうんじゃないでしょうか。

赤ちゃんが風邪をひいた時の対処法はどんなものがあるんでしょうか。また、他の方のおすすめ方法もご紹介します^^

風邪をひくと食べなくなるということは?

大人でも風邪をひくと食欲がなくなりますよね。赤ちゃんも同じで、食欲はなくなります。

実はこれは、体の防衛本能が働くためです。

風邪を引くと人は誰でも消化器官の働きが弱くなってしまいます。
消化器官特に胃の消化に使うエネルギーを体の治癒力に使われてしまうからです。

ですから、風邪を引くと胃腸の働きは弱くなります。

なので、無理に食事をとらせるのはいいことではないのです。

胃に余計なエネルギーを使わせてしまうので、結果的に風邪を悪化させてしまうこともあるのです。ですから、風邪の時は、胃に負担が少ない消化の良いものを食べるのです。

赤ちゃんも風邪を引いている時は消化器官の働きが低下しています。
ですので、胃腸に負担になるような食事はいけません。

特に脂質が多く含まれるタンパク質は避けましょう。例えば、肉やバターなどです。

余分な脂質は下痢や嘔吐の原因にもなります。

脂質を分解させるために水を多く使うので、水分も不足しがちになり
風邪を悪化させてしまいます。

風邪で離乳食を食べない赤ちゃん、どうしたらいい?

風邪をひいて離乳食は食べないけれど、栄養はしっかり取って欲しい…
と親なら思いますよね。そんなとき、どうしたらいいでしょうか!?

消化によいものを与えてみる

風邪の時には消化の良いものがいいですね。

離乳食も、胃腸に負担の無いものを選びましょう。
お粥、バナナ、豆腐などがおすすめです。

喉ごしがいいものを与えてみる

風邪の症状の中で分かりにくいのが、喉の痛みです。
喉が腫れてしまうと、少しの食べ物でもつまりやすいし、痛みが出てしまいます。そんな時には喉ごしがいいものを与えてみましょう。
お粥、ヨーグルトなどがおすすめです。

フルーツもおすすめ

風邪に対抗するためにビタミンCをとるのはとても効果的です。

フルーツにはビタミンCを多く含まれています。水分の補給にもおすすめです。

バナナ、リンゴがおすすめです。すったり、細かくしたりして与えてみましょう。

風邪の症状によるおすすめ離乳食メニュー

風邪の症状によって、おすすめの離乳食のメニューを紹介します。

鼻風邪

鼻がつまっていたり、鼻水が出ていたり、口呼吸しかできない状態の時は、冷たくてさっぱりしたものがおすすめです。

すりおろしたリンゴなどの喉ごしがいいものが食べやすいです。

喉の風邪

咳をしたりして喉が腫れた時は、うまく飲み込めなくて、食べるのが嫌ですよね。

そんなときは、柔らかく、とろみがあるものがおすすめです。

発熱している時

熱が高い時は食欲はなくなりますよね。

発熱時におすすめの離乳食はバナナ、おかゆ、うどん、プリンやポタージュです。

甘みがあって解熱作用があるバナナは特におすすめです。

水分不足に気をつけましょう!!

発熱しているしていないに限らず、風邪の時は水分が不足しがちになります。下痢や嘔吐をしている場合は、さらに水分が失ってしまいます。
風邪の時は特に水分を与えるようにしましょう。

うちの子も風邪から脱水症状になり点滴を受けたことがあります。

体調が悪い時は特に水分をしっかり与えましょう。
母乳やミルク、フルーツ、スープ、赤ちゃん用の経口補水液などでもいいので、赤ちゃんが摂りやすいものを与えましょう。

風邪が治ってもすぐには食欲は戻りません!

風邪が治っても赤ちゃんの食欲はすぐに戻らない場合も多くあります。

風邪が治ったからといって、すぐに風邪の前の離乳食に戻ってしまうと赤ちゃんのお腹もビックリしてしまいます。

もう少し前の離乳食から与えてみましょう。温かい煮込みうどんがおすすめですよ。

まとめ

離乳食を始めたばかりの赤ちゃんでしたら、一時離乳食をお休みしてもいいかもしれませんね。

その代わりに母乳やミルクをあげて安心させてくださいね。赤ちゃんは1.2日食べなくても大丈夫なんですよ。

体調が悪いと赤ちゃんの機嫌も悪くなりますよね。

食べたくない時は赤ちゃんからのサインかもしれません。風邪の時は、無理をさせずに食べやすいもの飲みやすいものをあげてくださいね。


Spread the love