赤ちゃんにみかんはいつからあげられる?食べさせ方について

赤ちゃんみかんいつから
Spread the love

冬に旬を迎えるみかん。ナイフなどを使わなくても皮をむくことができ、子どもに食べさせるにはうってつけの食材に思えますよね。

さて、みかんは赤ちゃんにいつからあげられるのでしょうか?

アレルギーや、食べさせ方、一回にあげていい量など、みかんについてまとめました。

みかんはいつから?食べさせ方や量は?

みかんは、離乳初期(5・6か月頃~)からあげられます。まずは果汁から、始めてみましょう。

初めは加熱して

赤ちゃんにみかんを初めてあげるときは、果汁を絞って加熱しましょう。

加熱するのは、酸味を和らげるためと衛生面の万全のためのほか、アレルギーに関する理由もあります。

みかんは、比較的アレルギー反応を引き起こしにくい食材です。しかし絶対にアレルギーが起こらないとは言えません。

アレルギー反応が出る場合は、『口腔アレルギー症候群』といい、食べた直後に口の周辺や舌、唇が赤く腫れるという症状です。まれに嘔吐や下痢、呼吸困難といった重症になるケースもあります。

果汁を加熱することで、これらのアレルギー反応を出にくくすることができます。赤ちゃんにみかんをあげるときは、加熱して、スプーン一さじから始めましょう。

1回食べて問題なかったら、その後加熱はしなくても構いません。慎重に進めたいと思ったら、1ヶ月間ほどは加熱して与えましょう。

離乳中期からは?

果汁から、徐々に実のまま与えてみましょう。

離乳食の段階に合わせて、裏ごす、すりつぶす、細かく刻むなど食べやすい状態にし、丸飲みしないよう注意してあげましょう。みかんは、手づかみ食べの良い練習にもなりますよ。

1歳半ごろまでは、薄皮と白い筋は取ってあげましょう。

これらには食物繊維が多すぎるため、消化しにくかったり、うまく飲み込めないことがあります。

みかんを薄皮ごと与えるのは、成長にもよりますが、早くても2歳になってからがいいでしょう。

赤ちゃんのみかん 量の目安はどれくらい?

みかんは、中には酸味が強いものもあります。

そのため食べ過ぎると胃腸に負担がかかる可能性があるほか、消化不良による下痢をしたり、お腹がゆるくなることがあります。

みかんは食べさせやすいため、ついつい多く与えてしまいがちですが、量に気をつけましょう。

赤ちゃんにあげられるみかんの量の目安は次の通り。みかんMサイズ(1房7~8g)の場合です。果汁も、このグラム数が適量となります。

  • 5~6ヶ月・・・1~2房(約10g)
  • 7~8ヶ月・・・2~3房(約20g)
  • 9~10ヶ月・・・3~4房(約30g)
  • 11ヶ月~1歳半・・・4~5房(約40g)

 

スポンサードリンク

みかんの栄養は?

みかんにはまず、風邪の予防や免疫UPに役立つ「ビタミンC」が豊富です。

また、疲労回復や便秘解消効果のある「クエン酸」のほか、ビタミンA、葉酸、カリウムなどが多く、赤ちゃんの体調を整える手助けとなってくれます。

体調を崩しやすい冬の時期に、頼もしい食材ですね!袋や白い筋には食物繊維が多く含まれているので、便秘がちな場合にもおすすめですよ。

缶詰のみかんについて

缶詰のみかんは薄皮や種がなく扱いやすいですが、シロップ漬けになっているため、赤ちゃんにとっては甘すぎたり、糖分の摂り過ぎになる可能性があります。

缶詰のみかんを使うのは、離乳食の時期には控えた方が良いでしょう。使いたい場合には、シロップは流水で落とす、甘さ控えめの低糖タイプを選ぶなど工夫してくださいね。

まとめ

みかんは離乳初期から赤ちゃんにあげられます。

初めての時は、果汁を加熱して与えましょう。冬の時期においしくなり、風邪予防にもなるみかん。ぜひ、家族みんなで楽しんでくださいね。


Spread the love