赤ちゃんにニベアの青缶を使うことができる?月齢や注意点について

Spread the love

これから、肌の乾燥が気になる季節ですね。

ニベアの青缶は、お値段が手ごろでどこでも手に入りやすい保湿クリームです。このニベア、赤ちゃんには使えるのでしょうか?

いつから、どのように使ってあげられるのでしょうか。また、成分や使う時の注意点など、ニベアの青缶についてまとめました。

オーガニックのスキンケアならこちらがおすすめです。
鉱物油もパラベンもフリーです!

赤ちゃんにニベアの青缶を使うことができる?月齢や注意点について 1

赤ちゃんにニベアの青缶を使えるのはいつから?

実は、多くの家庭で赤ちゃんにニベアの青缶が使われています。

ニベアは100年以上続くロングセラーの製品。お母さんが子供の頃に良くニベアを使っているほど、赤ちゃんにもニベアを使っている傾向があるようですね。

販売元も、ニベアの青缶を赤ちゃんに使うことは出来るとしています。赤ちゃんの肌の発達には個人差があるので、使い始めるのは6カ月ころを目安に、とのこと。

生後6カ月というと、肌の乾燥などが目立ち始める時期ですよね。このころから、赤ちゃんの肌の保湿ケアにニベアの青缶が使えるようです。

ニベア青缶の気になる成分は?

さて、ニベアの青缶の成分を見てみましょう。

成分の欄は、配合量が多い順に書かれています。成分欄のはじめの方に書いてある、「ワセリン」や「ミネラルオイル」は石油由来の鉱物油です。

これらは安全性が高いとされていますが、赤ちゃんの皮膚には刺激になる可能性もあります。同じく皮膚への刺激が心配される成分が「合成香料」。

これらの成分は、アトピーのような敏感肌には特に刺激が大きいとされています。赤ちゃんの皮膚に何らかの事情がある場合は、ニベアを使うことに慎重になった方がいいかもしれません。他の保湿クリームで、肌に湿疹や赤みが出た事のある赤ちゃんの場合も、気を付けてあげましょう。

ニベアだけでなく全ての保湿クリームに言えることですが、赤ちゃんの体質的に合う・合わないがあります。赤ちゃんに初めてニベアを使ってあげる時は、まずは比較的刺激に強い手足の皮膚に少量塗り、問題がないことを確認して下さいね。

 



保湿・乾燥に…ニベアの青缶が使えるとき

赤ちゃんの皮膚の薄さは大人の2分の1程度とも言われ、大変敏感で乾燥しやすくなっています。そんな赤ちゃんの保湿ケアにニベアの青缶を使う場合、肌が乾燥しやすいお風呂上りに使うと効果的です。

タオルドライをした後、乾燥が気になる部位にニベアを塗ってあげましょう。赤ちゃん用のローションを塗った後にニベアを塗ると、より保湿効果が高まりますよ。その他にも、手や顔を洗った後や、外出の時の保湿などにおすすめです。

この点は理解しておいてほしいのですが、ニベアはあくまでも保湿を行うクリームで、赤ちゃんの乾燥肌を治すものではありません。肌の乾燥が激しい場合は、皮膚科を受診して根本的なケアをしてあげてください。

皮膚科では治療のために、ヒルドイドソフト軟膏やヒルドイドローション、ステロイド薬などが処方されることが多いです。ちなみに「ヒルロイド」と検索されることが多いですが、正しくは「ヒルドイド」ですよ!

こんな時はNG!赤ちゃんにニベアを使わないで

ニベアの青缶を、赤ちゃんに使ってはいけないタイミングも覚えておきましょう。

肌に傷や腫れもの、肌荒れがある場合、乳児湿疹、新生児ニキビ、アトピーなどが認められる場合です。これはニベアだけでなく、保湿クリーム全般に共通して言えることです。

赤ちゃんの肌が弱い、肌トラブルを起こしやすいのではないかと感じたら、皮膚科の受診をお勧めします。赤ちゃんの肌の状況に合った保湿クリームを処方してもらえますよ。

処方された塗り薬などとニベアの併用は、かかりつけ医に相談してからにしましょう。

 

スポンサードリンク




まとめ

ニベアの青缶は、生後6か月ごろから、乾燥しがちな赤ちゃんの肌の保湿ケアに使うことができます。ただし、ニベアはもともと赤ちゃん用の商品ではありません。

赤ちゃんの肌には刺激となる可能性や、体質的に合う・合わないがあることを理解して、上手に使ってあげてくださいね。

オーガニックのスキンケアならこちらがおすすめです。
鉱物油もパラベンもフリーです!

赤ちゃんにニベアの青缶を使うことができる?月齢や注意点について 1


Spread the love