赤ちゃんのふたえはいつからなるの?なる場合の特徴は?

Spread the love

自分の子が一重なのか二重なのか、とても気になるところですよね。

実は赤ちゃんのまぶたは一重から二重になったり、時には二重から一重に戻る、ということも。赤ちゃんはいつからふたえになるのでしょうか?

そして、赤ちゃんがふたえになる場合、まぶたに特徴があることも…!?

赤ちゃんのまぶたは一重が多い!

実は、赤ちゃんは一重まぶたで生まれてくることが多いです。

お腹の中で赤ちゃんは水の中にいて、顔がむくんでいるからです。そして新生児期を過ぎると、赤ちゃんの体には脂肪がどんどんついてきます。

まぶたの部分にも脂肪がつくことで重くかぶさり、一重の状態になっていることが多いのです。つまり、むくみや脂肪によって二重が隠れ、一重に見えていることもあるということです。

まぶたは、ついている脂肪や筋肉との関係によっても形が異なるもの。ある程度顔の形成が落ち着くまでは、変わってくる可能性が高い部位なのです。

体の成長と共に、まぶたが一重から二重になるというのはよくあることなんですよ。二重から一重に戻る、なんてこともあるんだとか。

スポンサードリンク

赤ちゃんのふたえはいつから?

赤ちゃんのまぶたは、むくみや脂肪が減ってくると、ひとえからふたえになることがあります。

その時期は赤ちゃんによっいろいろですが、傾向としては、赤ちゃんの運動量が増えるタイミングということが多いようです。

生後3ヶ月~1歳前後

まずは、寝返りやハイハイなどで運動量が増えるタイミング。

寝返りやハイハイを始める時期は個人差が大きいですが、早い場合、3ヶ月ごろに変化していくことも。

寝返りをうったりハイハイをすることで、赤ちゃんは体が引き締まってきます。

そして同じころに、顔の筋肉をよく動かして表情が豊かになってきます。するとまぶたの脂肪がとれ、一重から二重になることがあるのです。

3~5歳前後

次に、自分で動けるようになり、さらに活発になるタイミングです。

ボール遊びをしたり、走り回ったり、様々な身体の動かし方を覚えるのがこの時期。またこのころは、顔全体の脂肪が落ち、赤ちゃんから幼児の顔に変化する時期でもあります。

思春期・大人になってから

思春期に、一重から二重になることもあるようです。

この時期は、成長ホルモンの分泌により、体型が大きく変わることがあります。その影響で、一重から二重になるケースもあるようですね。

もっと大人になってから、一重から二重になったという話もよく耳にします。

まぶたの形状を決めるには、いろいろな要因が関わっており、変わりやすいもののようですね。40代過ぎてから二重になった!という声もありました。

二重になる場合の特徴は?

さて、一重の赤ちゃんでも、やがて二重になった!という場合、まぶたに特徴があった、ということが多いようです。

やがて二重になるまぶたの特徴とは、どんなものなのでしょうか。もちろん、このような特徴がなくても、突然ふたえになる赤ちゃんもいますよ。

まぶたにラインが薄っすら見える

やがて二重になる赤ちゃんの場合、まぶたにうっすらとラインがあることが多いようです。

また、まぶたを少し持ち上げた時に、奥二重のような線が隠れているというケースも。

時々ふたえになる

時々ふたえになる、という赤ちゃんは、二重がいつの間にか定着する可能性があります。

体験談として、「寝起きの時だけふたえ」「眠い時だけふたえ」「風邪を引いて熱が出た時だけふたえ」などのケースがありました。

また、日によって一重だったり二重だったり…という赤ちゃんや、片目だけ二重、という場合も、やがて二重が定着する可能性が高いようです。

まとめ

赤ちゃんは一重で生まれても、運動量の増えるタイミングで二重になることがあります。

ふたえになるまぶたには、特徴がある場合も。赤ちゃんのまぶたは二重になったり、二重から一重に戻ることもあったり、変わりやすいものです。

どちらがいい!と考えるより、どちらになるのかな?と、赤ちゃんのまぶたの変化を楽しんでみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんを二重まぶたにする方法は?くせづけしたら一重から二重になる?


Spread the love