養老渓谷の紅葉2018情報!見ごろの時期やライトアップの期間・時間は?

Spread the love

いよいよ秋本番。行楽に紅葉狩りなど…とお考えの皆さん、千葉県の養老渓谷をご存知ですか?

県内では人気NO.1の養老渓谷について、2018年の見ごろの時期、ライトアップはいつからいつまで?など、期間と時間についてまとめました。お出かけの参考にしてくださいね!

養老渓谷って?

養老渓谷は、千葉県市原市と夷隅郡大多喜町を流れる養老川がなす渓谷です。四季折々の渓谷美が見られ、どの季節でもハイキングスポットとして人気があります。

また、県内有数の温泉地であり、日本の地質百選にも選定されています。

養老渓谷は、特に紅葉の名所としては県内人気NO.1。房総一の滝と言われる「粟又の滝」をはじめ、「梅が瀬渓谷」や「筒森もみじ谷」、「中瀬遊歩道」など、多くの見どころがあります。

紅葉の時期には、県外からも多くの人が訪れにぎわいます。

養老渓谷の楽しみ方

養老渓谷の楽しみ方、まずはハイキングがおすすめ。主に3つのハイキングコースが整備されており、初心者の方から本格的に歩きたい方まで、体力と好みに合わせて選べます。

「粟又の滝」をはじめとする複数の滝を巡るコースや、おすすめの紅葉スポット「中瀬遊歩道」を含むコースなど。紅葉を眺めながらのハイキングは格別ですよ!

写真が趣味、という方は、散策をしながらの写真撮影はいかがでしょうか。「もみじ谷」や「梅ヶ瀬渓谷」は、紅葉の撮影スポットとして大人気の名所です。

ハイキングなどを楽しんだ後は、温泉で疲れを癒して帰りましょう。養老渓谷そばには温泉街があり、足湯や日帰り入浴も可能ですよ。

養老渓谷の紅葉、見頃の時期は?

養老渓谷には紅葉する樹木が数種類あり、それらが時期を前後して色づくため、比較的長い期間紅葉を
楽しむことができます。

例年11月中旬から色づき始め、見ごろは11月下旬から12月上旬となります。

養老渓谷の紅葉は、関東で最も遅いと言われているんですよ。2018年は記録的な猛暑や残暑の影響で、見頃がさらに遅くなる可能性もありそうです。

最新の紅葉情報をチェックしてお出かけしてくださいね。

ライトアップはいつからいつまで?期間、時間は

養老渓谷では、毎年紅葉のライトアップも行われます。昼間に見るのとはまた違う景色が楽しめますよ。
ライトアップは紅葉の時期に合わせるため、開始日程は直前に発表されます。例年11月下旬から12月初めとなります。時間は17時ころから21:30まで、場所は、例年通りなら

・粟又の滝展望台
・中瀬遊歩道(旅館「川の家」前)
・懸崖境(老川十字路)
・観音橋

となります。

スポンサーリンク

「もみじまつり」って?

毎年11月23日の祝日に、「養老渓谷もみじまつり」が行われます。

時間は10:00~15:00、会場は複数あり、それぞれ催しの内容は、2017年は以下ようなものでした。

  • いすみ鉄道上総中野駅前:忠勝鍋による豚汁の販売、祭り寿司・弁当販売
  • 養老渓谷やまびこセンター前:餅つきの実演と販売など
  • 旧会所分校:地元産のそば粉を使った手打ちそば・焼き芋の販売,和太鼓の演奏・チェーンソーカービングアートなど
  • 二十八市(にっぱちいち)(大多喜城下):たけのころっけ販売、とろろ飯限定無料配布、模擬店

それぞれの会場では、地域の特性を生かした農産物の販売も行われました。ハイキングや散策だけでない養老渓谷の紅葉の楽しみ方の一つですね。ぜひお出かけしてみてはいかがでしょうか?

紅葉祭りの駐車場は、やまびこセンター前と旧会所分校、それぞれ無料駐車場となっています。

また、問い合わせは大多喜町観光協会0470-80-1146へどうぞ!

まとめ

養老渓谷の紅葉、見ごろは11月下旬から12月上旬、この時期にライトアップも行われます。

紅葉を眺めながらのハイキングがおすすめですよ。もみじまつりは11月23日。2018年の秋は、ぜひ養老渓谷で紅葉を楽しんでくださいね。


Spread the love