つわりはいつからいつまでで、早い人や遅い人や平均はどれくらい?

Spread the love

妊娠がわかったら、まず気になるものの一つが「つわり」。

ご飯のにおいに気持ち悪くなったり、食べても吐いてしまったり、という話を聞くと不安ですよね。この「つわり」、どんなものなのか、いつからいつまであるものなのか、時期や期間の平均などをまとめました。

つわりとは?

つわりとは、妊娠初期に多くの方が経験する、

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 匂いに対する嗜好の変化
  • 全身倦怠感
  • 眠気
  • 頭痛
  • 唾液量の増加

などの症状です。

病気ではなく、一過性の生理現象ですが、まだ全容は解明されていません。人によって症状は様々で、その種類は以下の通りです。

・吐きづわり…食事を摂る摂らないに関係なく、吐き気を感じる
・においづわり…今まで平気だったにおいが苦手になる
・食べづわり…空腹になると吐き気を感じる
・眠りづわり…何をしていても眠い。吐き気があることも
・よだれづわり…必要以上に唾液が分泌される。「唾液過多症」とも呼ばれる

 

つわりはいつから?

つわりはいつから始まるのでしょうか。個人差がありますが、統計的に多いのは妊娠5~7週です。
いわゆる「妊娠初期」につわりを感じ始める方が7割以上となっています。

早い人では、妊娠4週目からつわりの症状が出ることも。妊娠4週目とは、生理周期が28日の人であれば、ちょうど生理予定日にあたります。

一般的に妊娠検査薬は「生理予定日の1週間以降」でないと反応が出ないのですが、それ以前につわりの症状から妊娠に気づく方もいるのです。

いつまで続く?

つわりが終わる時期は、開始時期以上に個人差があります。

統計的には、安定期(妊娠中期)とも言われている、6ヶ月ごろまでに終わる方が7割以上です。平均すると、つわりが続くのは6~8週間くらいということになります。

しかし、遅い人では妊娠7ヶ月、8ヶ月までつわりが続いたり、出産するまで続く方も。

また、妊娠中期にいったんつわりが治まり、妊娠後期になって再びつわりのような症状が出てくるケースもあります。これは、妊娠後期に大きくなった子宮が胃を圧迫し、むかつきや嘔吐といった症状が出ているものであり、後期つわりと呼ばれています。

妊娠前から葉酸は絶対に必須の栄養ですよ!

クリック>> ママナチュレ葉酸

 

2人目の妊娠…つわりはどうなる?

2人目の妊娠!うれしい一方、つわりが心配になる方もいることでしょう。

家事、仕事に加えて上の子のお世話をこなしていかなくてはならない中、つわりで思うように体が動かないのはもどかしいですよね。

2人目の時につわりがどうなるかは、一概に軽くなったり重くなったりとは言えません。1人目の妊娠の時はつわりがひどかったのに、2人目のときはほとんど感じなかったという声がある一方、逆にひどくなったという方も。

また、1人目の時は食べづわりだったのに、2人目の時は吐きづわりになったなど、種類が違うこともあるようです。

つわりでつらい時は、サービス業者や、行政の支援を活用しましょう。

調理の際のにおいがつらい時などは、食事を届けてくれるサービスが便利です。上の子が動き盛りの場合は、思い切って託児所や一時保育に預けてしまうのもいいでしょう。遊びの要求がハードなものも多いので、妊娠中、特につわりの時期には負担が大きくなってしまいます。

家族のサポートも大事です。上の子の、体力的な遊び相手はできるだけ旦那さんや親戚にお願いましょう。

 

おわりに

つわりはいつかは終わるものです。

つらいときには無理をせず、家族に助けてもらったり、サービスを利用しましょう。しっかり体を休めることはもちろんですが、適度に気分転換も大事です。

つらい症状にばかり意識が向かないよう工夫して、つわりの時期を乗り切りましょう。


おすすめの葉酸サプリはママナチュレ葉酸

クリック>> ママナチュレ葉酸  


Spread the love