妊娠検査薬の陽性反応が間違いの確率はある?ストレスで結果に影響は?

Spread the love

妊娠を望む多くの女性がまず妊娠を確かめるのは、妊娠検査薬ということが多いですよね。

ところで、検査薬で陽性反応が出たのに、病院に行ったら妊娠ではなかった…ということはあるのでしょうか。

妊娠検査薬の陽性反応が間違いの確率や、ストレスで結果に影響はあるのかをまとめました。

妊娠検査薬はどうして反応するの?

女性の体内では、妊娠すると「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンが急激に分泌されます。

妊娠検査薬は、尿に含まれるhCGホルモンに反応し、妊娠を判別します。規定値よりもhCGホルモンが多く含まれていると、陽性反応が出るという仕組みです。

妊娠検査薬はいつから反応が出るかというと、一般的には「生理開始予定日の1週間後以降」というものがほとんどです。

妊娠検査薬はこのタイミングで使わないと、正確な結果が得られません。

生理が来ないからとすぐに検査薬を使っても、フライングとなってしまいます。

産婦人科の受診など、適切な行動にスムーズに移れるよう、妊娠検査薬は正しい検査時期に使用しましょう。

妊娠検査薬が陽性反応でも間違いの確率がある?

最近の妊娠検査薬の精度は非常に高くなっています。

フライング検査などで、陰性から陽性と結果が変わることはありますが、陽性反応はほとんど間違う事はないとされています。

反応する物質がひとつだけなので、誤った判定が出にくく、約99%の正確性があるのです。それでもまれに、妊娠していないのに陽性反応が出る場合も。

それはどんな時なのでしょうか??

閉経が原因で陽性になる?

女性は妊娠するとhCGホルモンが分泌されますが、これは閉経期に女性から分泌されるホルモンと
非常に似ています。

そのため妊娠検査薬が反応し、陽性反応が出ることも。しかし最近はより妊娠検査薬の精度が上がっており、閉経期のホルモンに反応することは少なくなっています。

 

化学流産の可能性

化学流産とは、受精卵が子宮内膜に着床したものの、妊娠を継続できずに排出されてしまうことです。

自覚症状としては生理痛のような痛みがあり出血するので、妊娠に気づかず生理が遅れてきただけと
認識する方も多いです。

最近の妊娠検査薬は高精度なので、このような場合でも薄い陽性の線が出てしまいます。

子宮外妊娠の場合

子宮外妊娠とは、名前の通り子宮以外の場所で受精卵が着床してしまう現象です。

女性の体は子宮内でなければ胎児を維持できないので、妊娠を継続することはできません。しかし正常な妊娠と同じくhCGホルモンが分泌されるので、妊娠検査薬では陽性反応が出ます。

子宮外妊娠の場合、初期は自覚症状がありませんが、病院での特別な処置が必要になります。

 

不妊治療を受けている場合

不妊治療を受けていると、hCGホルモン注射をすることがあります。これが体外に排出される前に妊娠検査薬を使うと、陽性反応が出てしまいます。

スポンサードリンク

妊娠検査薬が陽性でも、その後は必ず検診を!

これまで書いてきたように、妊娠検査薬で陽性反応が出たら、特別な場合を除いてほとんど間違いの確率はありません。

妊娠していればもちろん、陽性反応が間違いでも、子宮外妊娠の場合のように病院での処置が必要なケースもありますので、妊娠検査薬で陽性反応が出たら、必ず産婦人科での検査を受けましょう。

病院では、超音波で胎嚢の音を聞いたり、胎児の心拍を確認した上で妊娠していると判断します。胎嚢が確認できるのは妊娠6週頃からといわれていますので、このころに病院に行くのがよいでしょう。

受診が早すぎると、胎嚢や心拍が確認できず後日受診ということもありますが、何か異常がある場合は
早期発見・早期治療が望ましいので、遅くなりすぎないようにしてください。

まとめ

妊娠検査薬の陽性反応が間違いのケースをまとめてみました。

妊娠検査薬の仕組みや最近の精度から、ストレスで結果に影響することはほぼないといっていいでしょう。

ただ、妊娠初期の母体へのストレスは流産につながる可能性もありますので、その意味で気を付けておきたいですね。

 

妊娠の前から葉酸摂取はママのお仕事です!


妊娠検査薬の陽性反応が間違いの確率はある?ストレスで結果に影響は? 2

妊娠検査薬の陽性反応が間違いの確率はある?ストレスで結果に影響は? 3


Spread the love