小学生の男子と女子の平均身長と体重は?標準の計算方法は??

Spread the love

小学生の平均身長と体重が伸びているようです。

身長は分かりますが、体重も!?男子と女子、どちらが伸びているのでしょう。計算方法等あるのでしょうか。標準は以前とどのくらい伸びているのか気になりますね。

今回は小学生の平均身長と体重の伸び率、男子と女子の標準、計算方法など調べてみましょう。

小学生の平均身長はどのくらい?

毎日すくすく育って行く子ども達の姿は、見守る大人まで元気にしてくれる存在ですね。

小学生のころは、同年代の子どもに比べて、「うちの子の身長は低いのか、高いのか」気になりますよね。母子手帳を記入する6歳くらいまでは成長曲線が見られて、どの程度の位置にいるのか分かりやすかったですよね。

そんな成長曲線は、毎年の平均身長と標準範囲で調べる事ができますよ。

平成27年度の年齢別の平均身長

(男子) (女子)
5歳 110.4 109.4
6歳 116.5 115.5
7歳 122.5 121.5
8歳 128.1 127.3
9歳 133.5 133.4
10歳 138.9 140.1
11歳 145.2 146.7
12歳 152.6 151.8
13歳 159.8 154.9

 

身長の標準範囲は、この平均身長に対して+2SD~-2SDの幅とされ、約95.5%の子どもの身長はこの間に入ります。

(SDとは「Standard Deviation(標準偏差)」の略です。以下の計算式で割り出せます)

SD=(身長-平均身長)÷標準偏差値

 

身長の標準範囲は年齢別に見ると、下記の通りになります。

(男子) (女子)
5歳 101.0~119.8 100.1~118.7
6歳 106.8~126.2 105.8~125.2
7歳 112.1~132.9 111.2~131.8
8歳 117.3~138.9 116.3~138.3
9歳 122.2~144.8 121.3~145.7
10歳 126.6~151.2 126.6~153.6
11歳 131.0~159.4 133.4~160.0
12歳 136.5~168.7 140.0~163.6
13歳 144.4~178.2 144.0~163.6

 

上記の標準加減より低い場合は、低身長を疑ってみる必要があるかもしれません。また、身長そのものは標準範囲でも、1年間の伸びが悪いなぁと感じた時も要注意です。

もう一つの目安は、1年間で伸びた身長が、同年齢の子どもの平均と比べてどうかという基準もあります。

平均的な身長の伸びの80%以下(より厳密には年間成長率平均値の-1.5SD以下)の状態が2年以上続く場合も気になります。

そんなときは、過去の記録から、今現在の身長の伸びのグラフを作ってみるといいですよ。

小学生の平均身長の伸び

小学生の平均身長は、実は平成9年~13年度あたりをピークに横ばいの状態にあります。

それでも、親世代(30~40代)、祖父祖母世代(60~70代)に比べればぐっと平均身長は伸びています。

男女差では、低学年のときは男子の方が少し大きいですが、小学校4年くらいで同じになり、高学年では女子の方が少し大きくなります。

女子の方が第2次性徴が早く始まるから成長が早くなるんですね。男子は中学生になって急に伸びる子が多いようです。

小学生の平均体重

では、体重はどうでしょう。

小学生の平均体重

(男子) (女子)
6歳 21.3キロ 20.9キロ
7歳 23.9キロ 23.5キロ
8歳 27.1キロ 26.4キロ
9歳 30.4キロ 30.0キロ
10歳 34.3キロ 34.0キロ
11歳 38.3キロ 39.0キロ

 

低学年では男子の方が少し重たいですが、高学年になると女子の方が少し重くなります。

これは身長の時の同じで第2次性徴の現れだと思われます。

標準体重の計算式と計算方法は?

平均体重はあくまで平均です。

それぞれの理想的な体重は身長で決まります。その計算式を調べてみましょう。

 

標準体重(キロ)= 身長(m) × 身長(m) × 身長(m) x 13

 

例えば、身長130cmの子どもの場合、
1.3×1.3×1.3×13=28.561

130cmの子は、28.6キロぐらいがベスト体重と言えます。

他にも肥満度の計算式もあります。

 

 

 

肥満度(NMI) = (体重 – 標準体重)÷ 標準体重 × 100(%)

 

 

例えば、身長130cm、体重35キロの子は、
(35-28.6)÷28.6×100 = 22.3777…

肥満度が20%以上だと、「肥満」と判定されます。この例の子は肥満ってことになってしまいますね。

他の数値は、「普通」は-20%~+20%、「やせ」は-20%未満です。

 

また、身長と体重を計算式にあてはめて、算出された指数によって肥満かどうかを判断する「ローレル指数」という計算式もあります。

子どもの身体は小さく、頭部の割合が大人より多いため、BMIでは正確な肥満度を知る事は出来ないのです。

 

ローレル指数 = 体重(キロ) ÷ (身長(㎝) × 身長(cm) × 身長(cm)) × 10000000

 

ローレル指数では、「標準」は116~144、「やせぎみ」は101~115、「やせすぎ」は100以下、「太り気味」は145~159、「太り過ぎ」は160以上の数値になります。

まとめ

子どもの成長は早くて、急に体重が増えたり身長が伸びたりします。我が子がしっかり育っているのか、不安に思うのが親ですよね。

世の中にはいろいろな肥満や健康状態を測る指標があります。活用してみて、子どもの健康状態をチェックしていきたいですね。

小学生に肥満になるとその1/3は大人になっても肥満から抜け出せないようです。

大人になっても肥満だと肥満による病気にかかりやすくなります。ですから、小学生で肥満の子は栄養管理に気をつけて、適度な運動をして健康的に痩せるようにしたいですね。


Spread the love