日焼けの赤みをとる方法や、かゆみのケアにおすすめの薬は?

Spread the love

夏の日、すこし外に出ただけなのに真っ赤に日焼け!なんてこと、ありませんか?

真夏の紫外線の強さは侮れません。日焼けをしてしまったら、しっかりアフターケアをしましょう。ポイントを押さえてケアすると、その後の肌の回復が格段に違いますよ!

日焼けがひどい場合のおすすめの薬もご紹介します。

日焼けのアフターケア。赤みやかゆみをとる方法

[speech_bubble type=”pink” subtype=”R1″ icon=”speech-bubble-woman.jpg” name=”ママ” ] 日焼けのケアは時間勝負です。外から帰ってきたら、すぐにとりかかりましょう![/speech_bubble]

まずはとにかく冷やすこと

日焼けした肌は軽いやけどと同じ状態です!

炎症の進行を防ぐために、まずは火照った場所を冷やしましょう。冷たい水で濡らしたタオルや保冷剤、氷水を入れたビニール袋などを当てて、火照りがおさまるまで冷やします。

氷などは、直接当てると皮膚組織にダメージを与えてしまうので、タオルで包むなどして調節します。また、こすると皮膚に負担をかけるので優しく抑えるようにしましょう。

水風呂は、身体を冷やしすぎる可能性があるので短時間にしてくださいね。

冷たいシャワーを浴びるという方法もありますが、水圧の調整ができず、肌へ刺激を与えてしまうこともあるので気を付けて!

日焼け止めを落とし、保湿する

日焼け直後の肌は水分の蒸発が特に早く、乾燥しています。火照りが治まったら、しっかり保湿をしましょう。

日焼け止めを塗っている場合は、なるべく早く落とします。日焼け止めは刺激があり、肌の負担になるためです。

保湿には、保湿化粧水、できれば日焼けした肌のために刺激の少ない敏感肌用のものを使いましょう。
アルコール入りのものや、美白効果のある基礎化粧品などは使用しないでください。一部の有効成分が
強い刺激となる場合があります。

[speech_bubble type=”pink” subtype=”R1″ icon=”speech-bubble-woman.jpg” name=”ママ” ] 化粧水は冷蔵庫で冷やしておくとつけ心地が良く、肌の炎症にも効果的ですよ。[/speech_bubble]

いつもの2~3倍の量を、手でぎゅっと押さえるようにして肌に浸み込ませます。肌への刺激を極力抑えるため、コットンなどは使わない方がいいでしょう。

念入りなパッティングやこすることは、日焼けによって低下した肌のバリア機能をさらに下げてしまいます。化粧水がしみる場合は、肌をいためないよう消炎作用のある保湿クリームやワセリンなどで保護するといいでしょう。

化粧水の後は、乳液やクリームなど油分のベールでうるおいをしっかり閉じ込めます。

日焼け後は、肌だけでなく体内も水分が不足しています。体のだるさや疲労感があれば、軽い脱水状態になっている可能性もあります。水分補給をして、体の内側からも保湿をしましょう。

[speech_bubble type=”pink” subtype=”R1″ icon=”speech-bubble-woman.jpg” name=”ママ” ] 水分を体の外も中もたっぷりあげてください![/speech_bubble]

冷た過ぎる飲み物は避け、常温の水やスポーツドリンクなどをいつもより多めに飲むようにしましょう。

アセロラジュースなども、ビタミンCが含まれており肌の保湿に効果的です。

しっかり休息、食事にも一工夫

日焼け後は、皮膚だけでなく体全体がデリケートな状態になっています。早めに寝るようにするなど、休息して体力の回復に努めましょう。

[speech_bubble type=”pink” subtype=”R1″ icon=”speech-bubble-woman.jpg” name=”ママ” ] また、日焼け後の回復のために食事も工夫できるといいですね。[/speech_bubble]

ビタミンAは、皮膚や粘膜を保護してくれます。カボチャ、人参、トマト、シソなどの緑黄色野菜に多く含まれます。

ビタミンCは、メラニン色素生成を抑制するほか、メラニンを還元して細胞を活性化したり、肌のターンオーバーを整える作用、色素沈着を防ぐ効果など、日焼け後のケアにはうれしい効果がたくさんあります。

オレンジ、グレープフルーツ、レモンなどの柑橘系やイチゴ、キウイ、アセロラなどの果物のほか、トマト、ブロッコリー、パプリカ、パセリなどの緑黄色野菜、スイカ、ジャガイモなどに多く含まれます。

ビタミンCは、特に亜鉛と一緒に摂ることをおすすめします。亜鉛は細胞の分裂や、再生を助けてくれます。ホタテ、牡蠣、牛肉、うなぎ、大豆製品、のり、しじみなどに多く含まれます。

ビタミンEは、肌の老化原因である活性酸素による酸化から肌を守る機能があります。アボカドやナッツ類、大豆、ゴマなどに多く含まれます。

たんぱく質はすこやかな肌のために欠かせない栄養素です。肉、乳製品、魚、卵、大豆など、メニューに積極的に取り入れましょう。

子供、赤ちゃんの日焼けケア

子供、赤ちゃんの日焼けケアも基本的には大人と同じです。ただし、小さな子供はさらに肌が敏感ですので、より丁寧に優しく行いましょう。

クレンジングや洗顔、保湿には必ず赤ちゃん用のものを使います。ノンケミカル処方のものだと
さらに安心です。

洗い流す時もお湯を直接かけるのではなく、お湯を含ませたガーゼで、泡をなでながら拭き取るようにしましょう。

ガーゼは3~5回すすぎ直して拭いてあげます。

ひかないかゆみ、痛みを抑える、おすすめの薬は?

日焼けの程度が激しく、かゆみや痛みがひかない場合は市販薬の使用も検討しましょう。

日焼けに効果のある市販薬は、炎症を抑える成分が入っています。特に強い抗炎症作用があるのは、ステロイドの塗り薬です。ただし強い薬のため、広範囲への使用や2週間以上続けての使用はできません。

ステロイドの薬は日焼けが特にひどい箇所にだけ塗り、それ以外の場所は非ステロイドのものを
使いましょう。

日焼けのケアにおすすめの商品はこちら。

オイチミンD

強めのステロイドの塗り薬です。かゆみ、痛みを抑えるほか、日焼けによる赤みや湿疹にも効果があります。
高い抗炎症作用が期待できますが、使い過ぎに注意してください。

コーチゾン雪の元

弱めのステロイドの塗り薬です。オイチミンDよりもやや効果は弱くなりますが、痛みやかゆみを軽減します。

プロペトホーム

非ステロイドの塗り薬です。主な成分はワセリンで、化粧水がしみるなどヒリヒリした痛みに
効果があります。

・ハイオロベリン軟膏

非ステロイドの塗り薬です。日焼けによるかゆみを抑えるほか、湿疹にも効果があります。

日焼けのケアにおすすめの薬を紹介しましたが、かゆみ、痛みがひどく水膨れなどができる場合は、
セルフケアは余計に症状を悪化させてしまう可能性があります。そんな時は皮膚科を受診し、
適切な治療を受けましょう。

まとめ

日焼けには適切なアフターケアをし、健康な肌を保ちましょう。また、肌にとっては日焼けは「しないこと」が一番。

最近は紫外線対策は季節に関係なく必要ですが、夏は特に意識して、少しの外出でも日焼け止めや日傘、帽子などを使いましょう。

楽天の日焼け止め対策特集こちら

 


Spread the love