赤ちゃんの洗濯物を別で洗うのはいつまで?洗剤や柔軟剤はどうしたいいの?

赤ちゃん洗濯物別で洗う
Spread the love

赤ちゃんの洗濯物は、いつまで別で洗うのが良いのでしょうか?

日々洗濯に追われているお母さんは、一緒に洗えたら楽なのに…と思ってしまいますよね。私も娘の洗濯物を一緒にするようになったら、毎日の家事が格段に楽になった実感がありました!

そんな赤ちゃんの洗濯物について、気をつけたいポイントをお伝えします。

赤ちゃんの洗濯物、別で洗う理由は!?

赤ちゃんの洗濯物を別で洗う理由は、赤ちゃんの肌が大人のものと違うからです。

赤ちゃんの肌は大人よりも薄く、乾燥しやすく、刺激を受けやすくなっています。そんなデリケートな赤ちゃんの肌に刺激となる物質を避けるため、別で洗濯するのです。

赤ちゃんの肌に刺激となる物質は、まず泥やほこりです。

室内で過ごすことの多い赤ちゃんは、あまり泥やほこりに触れません。これらで汚れた大人の衣類と赤ちゃんの衣類を一緒に洗濯すると、汚れの成分が赤ちゃんの衣類にうつり、残ってしまうかもしれません。

次に、大人用の洗濯洗剤の成分です。

洗濯洗剤には、石油由来の界面活性剤や蛍光増白剤が含まれていることがあります。これらの化学成分は、洗濯後もわずかに残ることがあり、それがデリケートな赤ちゃんの肌には刺激になります。

また、大人の新品の衣類には、加工に使われているホルムアルデヒドが付着している可能性があります。

この成分は水に溶けやすく、他の衣類にうつりやすい性質があり、赤ちゃんの肌の炎症や湿疹の原因になってしまう恐れがあります。

赤ちゃんの洗濯、洗剤や柔軟剤は?

赤ちゃんの洗濯に使う洗剤や柔軟剤は、通常より刺激の少ないものを選びましょう。

まず、石油由来の合成界面活性剤の含有量が少なく、蛍光増白剤を含んでいないことです。

これらは、肌が弱く、衣類を舐めてしまう傾向がある赤ちゃんには避けたい成分です。石鹸ベース・無添加・刺激物を控えたもの・パッチテスト実施済みなどのものならより安心です。

また、香りが強いものもなるべく避けましょう。洗剤などは規定量を守って使い、すすぎと乾燥を念入りにすることもポイントです。約1年は、赤ちゃん用の洗濯洗剤と柔軟剤をを常備しておきたいですね。

さらさなどは西松屋にも売っていたりよく使われるもののひとつですね。

赤ちゃんの洗濯物を別で洗うのはいつまで?洗剤や柔軟剤はどうしたいいの? 1さらさ 柔軟剤 ボトル+つめかえ用*3コセット(1セット)【さらさ】

赤ちゃんの服を別で洗うのはいつまで?

赤ちゃんの洗濯物を別で洗うのは、特にいつまでという明確な決まりはありません。

上に書いたとおり、別で洗うのは赤ちゃんの肌がデリケートだからという理由なので、赤ちゃんの肌がだんだん丈夫になってくれば、大人のものと一緒に洗うことができます。

少なくとも、生後1ヵ月まだ免疫力がなく、小さな刺激や成分にも気を付けたい時期ですので、洗濯物は別にしましょう。その後は、赤ちゃんの肌の強さにも個人差がありますので、肌の様子を見ながら判断してください。

早ければ、生後1ヵ月を過ぎたら大人の衣類と一緒に洗濯するという家庭もあります。一方で1歳までは別にする方がいいという意見も。

いきなり切り替えるのではなく、新生児期を過ぎて、赤ちゃんの肌荒れなどの症状がなければ、少しずつ大人と同じ洗剤を試していくのがいいかもしれませんね。

こんな時は別で洗おう

赤ちゃんの洗濯物を一緒に洗うようになっても、こんな時は分けて洗うことをお勧めします。

まず、一緒に洗う大人の衣類が、汚れが普段よりもひどいときです。特に大人の皮脂や汗は赤ちゃんのものよりも頑固ですので、夏場で汗の匂いや汚れがひどいときなどは、分けて洗濯するのがいいでしょう。

私の娘は1歳半で、普段は洗濯は一緒にしていますが、家族が畑仕事をするときがあり、その時の衣類は別で洗うようにしています。

次に、新しい洗剤や柔軟剤を使う時です。

商品やメーカーを変えて初めて洗濯するときは、まず試しに赤ちゃんの服を1~2枚ほど一緒に洗ってみましょう。それを着させて肌に問題が無ければ、続けて使っていいでしょう。

洗剤は商品によって成分に違いがあり、その違いが赤ちゃんにどう影響するかわからないからです。

また、大人用の新品の服を洗うときは分けたほうが良いでしょう。これは上に書いたように、ホルムアルデヒドの影響を避けるためです。

まとめ

赤ちゃんの洗濯物を別で洗うのは生後1カ月まで、それからは赤ちゃんの肌の様子で判断しましょう。

きなり切り替えるのではなく、段階的に一緒にしたり、時と場合によって分けて洗濯してみてはいかがですか?

赤ちゃんの洗濯物を一緒にするのを機会に、普段使っている洗剤や柔軟剤を見直してみるのもいいかもしれませんよ。


Spread the love