赤ちゃんの舌が白いのはどうするべき?原因や取り方のコツは?

Spread the love

生まれて間もない赤ちゃんの舌は、ピンク色できれいですよね。でも、ある日ふと見たら、赤ちゃんの舌がなんだか白い…?

実は、赤ちゃんの舌が白いのはよくあること。その原因や、取り方、白くならないコツをお伝えします。

まれに受診が必要なケースもありますが、その見分け方もご紹介しますよ。

舌が白い原因…多くの場合は

赤ちゃんの舌が白いのは、ほとんどの場合は母乳やミルクのカスが原因です。
人の舌の表面には小さなシワや細かい凸凹がたくさんあり、そこに母乳やミルクのカスが入り込み、舌が白く見えます。特に生まれたばかりの赤ちゃんは頻繁に母乳やミルクを飲むため、舌にカスが付着しやすいのです。また、小さいうちはまだうがいや歯磨きをしないので、白く残りやすいようですね。

舌が白い時の取り方は

通常、カスは唾液などで洗い流されて、舌は元通りのピンク色に戻っていきます。
しかし、授乳時以外でも舌が白いままなら、舌の表面に汚れが溜まりやすくなっている可能性があります。カスを取り除く際は、舌の白い部分を湿らせた清潔な綿棒や
ガーゼなどで優しく拭き取るようにしてあげてください。乾いたガーゼで強く拭くと、舌に傷がついてしまうので気を付けてくださいね。

また、授乳後に歯ブラシを噛ませてあげると、唾液が沢山出て白いカスが付着する前に流してくれますよ。

ここにも注意!乾燥や食事

赤ちゃんの舌が白い原因は母乳やミルクのカスですが、それらをたまりやすくしてしまう要因もいくつかあります。

赤ちゃんの唾液の量が少なかったり、部屋の空気が乾燥していると、白い成分が舌の上に残り、定着してしまうことがあります。赤ちゃんが風邪で口呼吸をしている時などは、加湿器を使用し、赤ちゃんの周りを適度な湿度で保つようにしてあげましょう。

母乳育児の場合は、お母さんの食事が影響してくることもあります。

糖分や油脂を多く含んだ食事をすると、母乳の粘度が上がって舌に残りやすくなるのです。
赤ちゃんの舌が白いことが多かったら、食事を見直してみるのもいいかもしれません。

また、母乳やミルクのちょこちょこ飲みをしがちな赤ちゃんの場合、カスが溜まる回数も多くなります。カスが唾液で流される前に授乳、となると、いつも舌が白い、という印象になるかもしれませんね。

受診をお勧めするケースは

まれに、病気や感染症が原因で赤ちゃんの舌が白いこともあります。

それを見分けるには、舌の白い部分を、濡らした清潔なガーゼなどで拭いてあげること。もし母乳やミルクのカスによって舌が白くなっていたら、それである程度拭き取ることができます。病気や感染症が原因で白くなっていたら、ガーゼで拭き取ることはできません。赤ちゃんの舌が白くなる病気は、主にこの2つです。

鵞口瘡(がこうそう)

舌の表面や、頬の内側が白くなる病気です。主な原因は出産時に産道でカンジダ菌に感染することですが、乳首や哺乳瓶、おもちゃなど赤ちゃんが口に入れるものが原因で感染することも。
鵞口瘡は感染してもほとんど痛みはなく、目立った症状もありません。新生児期や乳児期に発症した場合は、特別な治療をしなくても自然治癒することが多い病気です。

口の中をきれいにしてあげて、赤ちゃんが口に入れそうなものを清潔に保てば、症状は自然に治まってきます。しかし、白い範囲が広がっていくようだったり、赤ちゃんが痛みでぐずるようなら、小児科や歯科口腔外科を受診しましょう。一般的には、塗り薬(抗真菌薬)での治療となります。

溶連菌(ようれんきん)感染症

細菌によって引き起こされる感染症です。38度を超える発熱、喉の腫れ・痛み、嘔吐、体の発疹などの症状が現れます。赤ちゃんの舌が白く、同時にこれらの症状があったら、できるだけ早く小児科を受診してください。溶連菌感染症は、抗生物質での治療となります。ただし赤ちゃんでの発症は少なく、5~12歳に多い感染症です。

まとめ

赤ちゃんの舌が白いのは、多くの場合は母乳やミルクのカスが原因で、心配することはありません。
特に取り除かなければいけないものではないですが、気になるようなら濡らしたガーゼなどで拭きとってあげましょう。同時に、お母さんの食事内容や授乳の仕方、部屋の環境などを見直してみるのもいいですよ。


Spread the love