赤ちゃんの通帳の作り方は?ゆうちょが積み立て用やお祝い用におすすめ!

Spread the love

子供が生まれたら、お祝いをもらったり、将来の学費はどうする?などお金について考えることが増えますよね。

そんな中で「赤ちゃんの通帳って、作った方がいいの?」と思う方も多いのではないでしょうか。さて、子供が生まれた家庭では、皆さん赤ちゃんの通帳はどうしているのでしょうか?

赤ちゃんの通帳を作ろう!

赤ちゃんの名義で通帳を作る方は多くいます。そのほとんどは、生後一か月以内に作っています。

通帳を作る目的としては、頂いたお祝いを入金したり、お年玉などの貯蓄、子供が将来使えるようにとの積み立てなどです。

口座の種類は、普通預金、貯蓄預金、定期預金、積立定期預金といろいろありますので、目的に合わせて選びましょう。自動積立定期預金は、親口座から子供の口座へ自動的に毎月定額を積み立てる口座です。

確実に子供の貯金を増やしたい方におすすめですよ。

ちょっと待って!子供の名義にしない方がいいケース

さて、赤ちゃんのためのお金を入れていく口座ですが、赤ちゃんの名義にしない方がいい場合もあります。赤ちゃんの、将来の教育資金として貯金する場合です。

お金を下ろす時点で、子供の年齢によっては、保護者であっても「口座名義人でないと下ろせません」ということがあるからです。これは近年金融関係の犯罪が増え、個人情報の管理が厳密になったからこその事例と言えるでしょう。

子供のためのお金とはいえ、学費など教育資金は親の裁量で引き出す可能性があるものです。

まとまった金額になることも考えられますので、教育資金の貯金は親名義の口座にしておく方がよさそうです。

赤ちゃんの名義の通帳は、成人したときや結婚のときなどに渡してあげたり、子供が目的を持って資金を必要とするときの助けにしてあげるつもりで、子供が自由に使えるお金として貯めていくのがいいでしょう。

赤ちゃんの通帳の作り方。必要なものなど

赤ちゃんの通帳の作り方はとっても簡単!

口座を作りたい金融機関に行き、窓口で「子供の口座開設をしたいのですが」と言うだけです。係りの方が手順を説明してくれたり、必要な申込書類などを出してもらえるので、それの通りにしましょう。待ち時間がなければ、20分も掛からずに開設できます。

赤ちゃんの通帳を作るのに必要なものは、以下の通りです。

  • 印鑑
  • 赤ちゃんの本人確認書類
  • 親の本人確認書類
  • 親子関係の証明になるもの
  • 最初に入金するお金
  • 暗証番号

まず、赤ちゃん専用の銀行印です。親の印鑑でも口座を作ることはできますが、いずれは通帳と一緒に渡してあげるものとして、専用のものを作ってあげましょう。女の子の場合は、結婚等で苗字が変わっても使えるように、と下の名前で印鑑を作ることも最近は多いです。

次に子供の本人確認書類。これは赤ちゃんの保険証で大丈夫です。
親の本人確認書類は写真付きのものとなります。免許証やパスポートなどがあればいいですが、それらがなければマイナンバーカードを作成しましょう。

親子関係を証明するものとしては、お母さんが窓口に行く場合は母子手帳が必要となることが多いです。お母さん以外が行く場合など、金融機関によって親子関係の証明に必要な書類が異なるので、事前に問い合わせておきましょう。住民票などのこともあるようですね。

最初に入金するお金は、いくらでもOKです。金額が0でも開設できることもあります。最近は、子供の出生体重と同じ金額を入金する方が多いそうですよ。通帳の一番上に記載される金額なので、これは記念になっていいですね!

暗証番号は、口座開設と一緒にキャッシュカードを作成する際に必要となります。意外となかなか思いつかないものなので、前もって考えておくといいですよ。

ゆうちょがおすすめな理由

さて、赤ちゃんの通帳を作るのはゆうちょがおすすめです。

それは全国に支店が多く、転勤や進学などで引っ越しをしても地域に関係なく使えるからです。また、ゆうちょ銀行のATMであれば、どの時間帯であっても開いている限りは時間外手数料がかからないのもポイントです。

ただしゆうちょ銀行の場合、口座開設には住居地や勤め先の近くの店舗で申し込みする必要があります。生活圏から離れた店舗での口座開設は、断られてしまうことがありますので注意しましょう。

まとめ

赤ちゃんにはぜひ、通帳を作ってあげましょう!

子供名義の口座に入れるお金は、いずれ子供が自由に使えるものとして考え、学費の貯金などとは別にしておくのがおすすめです。

通帳は入金した年月日が記録されていきますので、成長の記録の一つとしても記念になると思いますよ!


Spread the love