赤ちゃんを二重まぶたにする方法は?くせづけしたら一重から二重になる?

Spread the love

「うちの子は一重まぶた?それとも二重?」…目は顔の印象を大きく変えるので、赤ちゃんのまぶたに関心のある方も多いことでしょう。

実は、赤ちゃんは一重から二重になったり、はたまた二重から一重に戻ることもあるんです!そして、
赤ちゃんを二重まぶたにする方法はあるのでしょうか?

赤ちゃんは一重が多い?

日本人の赤ちゃんは、一重まぶたが多いとされています。

実は、赤ちゃんのほとんどは「一重まぶた」で生まれてきます。それは、お腹の中の赤ちゃんは水分が多く顔がむくんでいるから。また、新生児期を過ぎると、赤ちゃんの顔や体には脂肪がたっぷりついてきます。するとまぶたにもぽってりと脂肪がつき、一重の状態になりやすいのです。

ですから本当は二重であっても、しばらく一重と見分けがつかないことも。

まぶたの脂肪によって二重が隠れてしまって、一重に見えているのです。また、大人でも体調や時間帯によって一重が二重になったりしますが、それは赤ちゃんも同じ。日によって一重になったり二重になったり、戸惑うお母さんもいるかもしれませんね。



一重から二重になる、二重から一重に戻ることも?

赤ちゃんはむくみや脂肪によって二重になっていることも多いので、これらのむくみや脂肪が減ってくると、一重から二重になることがあります。

そのタイミングはまず、ハイハイが始まるとき。この時期は寝返りをたくさんうったり、お座りにチャレンジしたりと運動量が増え、多くの赤ちゃんは体が少し引き締まってきます。

同じころ、表情が豊かになり、顔の筋肉をよく動かすようになります。すると顔やまぶたの脂肪がすっきりし、一重から二重になることがあるのです。

ハイハイを始める時期に個人差が大きいように、赤ちゃんによって一重から二重になる時期はいろいろです。

走り回ったり、様々な身体の動かし方を覚える3歳くらいになってから二重まぶたになったり、4~5歳で二重になったというケースや、逆に二重から一重に戻ることもあるようですね。

思春期に、一重から二重になることもあるようです。思春期は成長ホルモンの分泌が活発になる時期。男性は男性らしく、女性は女性らしく、体型が大きく変化します。その過程で、一重から二重になるケースもあるんですね。

私は幼少期からずっと一重だったのですが、20代前半で二重になりました。

ちょうどそのころ体重が落ち、体形が変わった時期だったので、それが関係していたのかもしれません。その時はびっくりしましたが、大人になってから一重から二重になるということも実はよくあるんだとか。

一重まぶた、二重まぶたは遺伝で決まるといわれることも多いですが、もっといろいろな要因があり、変わりやすいものなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

二重まぶたにする方法はある?くせづけはできるの?

さて、赤ちゃんを二重まぶたにする方法はあるのでしょうか?

「赤ちゃんのまぶたをなでたりマッサージをしたりして、一重から二重にできる」「綿棒などでくせづけすると、赤ちゃんが二重になる」という体験談や噂を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、赤ちゃんの肌はとても傷つきやすく繊細です。まぶたのマッサージやくせづけは、赤ちゃんの皮膚や目を傷つけてしまう恐れがあるのでお勧めできません。

大人向けには、まぶたにくせづけして二重にするグッズが販売されていますよね。

それらは、赤ちゃんの繊細な肌には刺激が強すぎたり、眼球に圧力がかかりすぎるものです。大きなケガや、傷からの病気に繋がってしまう可能性もありますので、赤ちゃんへの使用は絶対にしないでください。

まとめ

赤ちゃんの多くは一重まぶたで生まれますが、その後成長の過程で二重になることもあります。

そのタイミングは、運動量の増加などで体型が変化する時期と重なることが多いですが、赤ちゃんによって様々です。

二重になってほしい!と思うこともあるかもしれませんが、そこは赤ちゃんの個性を尊重し、無理なくせづけなどはしないでくださいね。


Spread the love