お宮参りの服装は祖父母はどんな服を着ればいいの?

Spread the love

赤ちゃんの誕生を産土神様に報告し、健やかな成長を祈るお宮参り。

おじいちゃん、おばあちゃんも一緒にお参りすることが多いですが、その時、どんな服を着ればいいのでしょうか?

和装・洋装、カジュアル・フォーマル…お宮参りの祖父母の服装について、選び方のポイントをまとめました。

基本はパパママ、赤ちゃんの装いに合わせる

さてお宮参りのおじいちゃんおばあちゃんの服装ですが、基本的には赤ちゃんの両親に合わせると考えればよいでしょう。

お宮参りでは、記念撮影をすることも多いですよね。特に両家の祖父母がそろう場合、服装の雰囲気があまりに違うと、違和感のある写真になってしまいます。

写真を撮らない場合でも、一方がカジュアルすぎたりした場合、気まずいムードになってしまうかもしれません。

お宮参りの服装は、赤ちゃんを中心に全体的なバランスを意識することが大切です。そのためには、赤ちゃんの両親と事前に話し合って、どんな服にするか決めるのがいいでしょう。

祖父の服装は何を着るべき?

お宮参りでのおじいちゃんの服装ですが、最近はパパは洋装の場合が多いので、それに合わせるといいでしょう。

白いワイシャツに、ブラックや紺などの落ち着いた色のフォーマルスーツが一般的です。ネクタイは、スーツに合わせてフォーマルなものでももちろんいいですが、おばあちゃんの服装に合わせた色合いのものを選んでもおしゃれですよね。

スポンサードリンク

祖母の服装は何を着るべき?

おばあちゃんも基本的にはママの装いに合わせますが、ママが洋装の場合でも、着物を着たいと思ったら、それでもかまいません。

一人でも和装の人がいると華やかになりますし、写真映えもします。ただし事前にパパママに希望を伝え、相談をしておいた方がいいでしょう。

着物の場合は、「5つ紋の黒留袖」が既婚者の正装ですが、「色留袖」「訪問着」「色無地」でもいいでしょう。

お宮参りの主役は赤ちゃんですから、赤ちゃんの着物のように華やかな柄や、色味が強いものはふさわしくありません。控えめな柄と色のものを選びましょう。写真撮影をする場合、スタジオで留袖をレンタルできることもありますよ。

洋服の場合は「スーツ」「ワンピース」となります。

色は、ブラックやチャコールグレーなど暗めの色、ベージュやホワイトなど明るめの色どちらでもいいでしょう。アクセサリーは控えめに、パールのものが基本です。

ところで祖母の場合、赤ちゃんの父方か、母方かによって、それぞれ服装について意識しておきたいポイントがあります。

父方の祖母の場合

お宮参りでは、父方の祖母が赤ちゃんを抱っこしてお参りをする風習があります。

この風習に倣う場合、赤ちゃんが和装の時は、おばあちゃんも和装で揃えると見た目のバランスはよくなります。

しかし最近は、赤ちゃんがベビードレスでおばあちゃんが留袖だったり、赤ちゃんが着物でおばあちゃんはスーツというケースも一般的です。

赤ちゃんを抱っこするお役目がある場合は、赤ちゃんの安全を最優先に考えましょう。

ロングネックレス・大ぶりの指輪・コサージュは、赤ちゃんにあたると怪我をしてしまう可能性があるので避けること。また、お宮参りをする神社の多くは砂利道だったり、長い階段を昇ることになります。

不安定な靴で赤ちゃんを抱っこするのはとっても危険。ヒールの低い、または無い靴を選んでくださいね。

母方の祖母の場合

母方の祖母の場合は、父方の祖母よりも服装の「格」が上にならないほうが無難です。

着物の場合、格の高い方から「黒留袖」「色留袖」「訪問着」「色無地」となります。父方の祖母がカジュアルな服装で行く場合は、それに合わせてワンピースなどを着ていくとよいでしょう。

まとめ

お宮参りの服装は、おじいちゃんはスーツが基本。おばあちゃんは着物、スーツ、ワンピースなどです。

父方か、母方かによって違う服装選びのポイントを押さえましょう。お宮参りに行くみんなの服装に統一感が出るよう、事前に話し合っておくのがいいですよ。

スポンサーリンク


Spread the love