赤ちゃんが肌荒れで赤いぶつぶつやカサカサぽっぺに…ケア方法は?

Spread the love

赤ちゃんの肌ってとても弱いんですよね。

肌荒れでお腹や背中が赤くなったり、ぶつぶつができてしまったり、可愛いほっぺがカサカサになったり…。

治す方法やケア方法が間違っていると肌荒れが悪化したりしますよね。赤ちゃんの肌がぶつぶつやカサカサでは可哀想です。

赤ちゃんらしいほっぺやかわいい背中の為にケア方法や肌荒れを治す方法をちょっと調べてみましょう。

赤ちゃんが肌荒れする原因

赤ちゃんの肌はすべすべたまご肌…のイメージがありますが、実はとってもデリケートなんです。

赤ちゃんの肌はとても薄くて大人の半分程、機能も未熟です。ですので、ちょっとした刺激でも肌荒れが置きてしてまうんです。

生後2~3ヶ月ほどは、ママの女性ホルモンの影響で、皮脂の分泌が活発になり、乳児脂漏性湿疹や新生児のニキビなどが起きる場合があります。

生後3ヶ月を過ぎると、今度は皮脂の分泌が少なくなって、乾燥による肌荒れがおきやすくなります。大人でも空気が乾燥していると、乾燥による肌荒れが起こりやすいですよね。

赤ちゃんも同じで、肌が薄い分大人よりも症状が出やすくなります。

季節の変わり目や室内と外との気温差が激しい時期は、特に肌荒れしやすくなります。

 

こちら売れている&おすすめです。

クリック⇒ 【Amazon&楽天 No.1】アロベビー 国産オーガニックベビーローション

赤ちゃんの肌荒れの原因と対処方法

赤ちゃんの肌荒れの主な原因と対処方法をあげてみますね。

乳児脂漏性湿疹や新生児ニキビ

月例の低い赤ちゃんに起こりやすい症状です。

新生児ニキビは、思春期の肌のようなニキビができます。脂漏性湿疹は黄色いかさぶたのようなものが頭皮や顔に現れます。どちらも月例が上がると落ち着いてきます。

脂漏性湿疹は、こすっても落ちません。

ベビーオイルやワセリンをつけた布で軽くこすると取れやすくなります。赤ちゃんが引っ掻いたりしないように、爪をこまめに切っておきましょう。

乾燥&あせも

肌が乾燥したり、湿りすぎても肌荒れがおきてしまいます。

長時間オムツを替えないとあせもによるブツブツがお尻に出来てしまいます。

乾燥による肌荒れには保湿が重要です。お風呂上がりにベビーオイルやベビー用の乳液などで保湿を行いましょう。また、あせもには乾燥が効果があります。

お風呂上がりや夏の暑い時期はオムツを外して肌を乾燥させてみましょう。

また、赤ちゃんの首や手首のしわには汗がたまってあせもになりやすい場所です。暑い時期は、こまめに拭いてあげるといいでしょう。

湿疹ができると清潔にしようと患部を強く拭いたり、強く洗浄したくなりますが、さらに悪化してしまうので、注意しましょう。

湿疹ができたら、優しく洗って、しっかり保湿が大切です。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎になると、ひじの内側、ほっぺ、膝の裏側など柔らかいところに湿疹ができます。

アトピー性皮膚炎は、何度も繰り返す傾向があります。さらに、治療に時間がかかりますが、時間をかけると症状が良くなる可能性もあります。

まずは、皮膚科に受信してみましょう。

スポンサーリンク

注意点

赤ちゃんの肌の洗い方

赤ちゃんの肌を清潔に保つために一日に一度は入浴又は沐浴させましょう。

皮脂についた汚れは、赤ちゃんの肌には脅威です。そして、洗浄時はやさしく洗いましょう。

ゴシゴシせずに、泡の力で汚れを落としてあげます。低刺激、無添加の石鹸が良いでしょう。ナイロンタオルやスポンジでのゴシゴシ洗いはNG。

低刺激の石鹸をよく泡立てて、手に取って包むように洗います。石鹸が肌に残らないようにすすぎは念入りに行いましょう。

お湯の温度は36~38℃くらい。
40℃を超えてしまうと、皮脂が落ちてかゆみが出てしまいます。

赤ちゃんの肌の保湿方法

赤ちゃんの肌荒れには大人用の保湿クリームは使わないようにしましょう。

赤ちゃんの肌は再生能力な高いので、色々付けるよりも清潔&保湿だけで大丈夫です。お風呂から上がったら、タオルで肌を拭いて、すぐに保湿しましょう。

肌に水分が残っているうちに保湿する事で、水分を肌の中にキープできます。

入浴後5分以内に保湿剤を塗ります。

顔→耳の裏側や首周り→全身へ。腕や足のしわも伸ばしてむらなく塗りましょう。

ベビーパウダーは夏場の肌のムレからあせもや湿疹予防に効果的ですが、たくさん塗りすぎると汗腺を塞いで湿疹の原因になります。
ただし、塗り過ぎには注意しましょうね。

アトピー性皮膚炎がひどい場合は、ステロイドを処方される場合があります。

ステロイドは「恐い」というイメージがありますが、用量と用法を守ればとても良い薬です。逆に使わない事でさらに悪化してしまう場合もあります。

医師の処方通りに使用しましょう。

まとめ

赤ちゃんの肌はとても弱いけれど、再生能力がとても高いです。

肌荒れだからと自己判断で色々使用してしまうのは、実は赤ちゃんにはかわいそうな事かもしれません。

原因はアレルギーかもしれないと不安な場合は、まずは医師に相談しましょう。適切な薬を出してもらえますし、保湿剤も出してもらえますよ。

室内の温度や湿度も注意が必要なんですよ。エアコンのかけすぎは乾燥のもとです。湿度は50%前後を保つように心がけましょう。

また、産後のママの肌も非常にデリケートです。

赤ちゃんと同じようにケアすると、ママの肌トラブルも避けられますよ。赤ちゃんもママもこまめなケアに心がけましょうね。

 

こちら売れている&おすすめです。

クリック⇒ 【Amazon&楽天 No.1】アロベビー 国産オーガニックベビーローション


Spread the love