赤ちゃんの夏の夜泣きはサイン?暑さ対策におすすめ夜グッズ7選!

Spread the love

夏の夜泣きが増えていませんか?それは暑さが原因かもしれません。

大人でも寝苦しい熱帯夜、より暑さをダイレクトに感じやすい赤ちゃんはとっても不快な思いをしているかも…。そこで、夏の夜の暑さ対策におすすめの夜グッズをご紹介!

エアコンだけに頼らず、熱帯夜を上手に乗り切りましょう。




赤ちゃんの暑さ対策はパジャマで!

暑い夏の夜、寝る時に着させるのは肌着(お腹が出ないもの)一枚、もしくは、薄手のロンパース一枚で十分です。

メッシュなど、通気性の高い素材を選びましょう。明け方に冷えそうな日は長袖のものを着させてあげてください。

パジャマ代わりに甚平はいかがですか?こちらの商品は着脱が簡単な帯がセットになっており、夏祭りや花火大会にも活躍します。

ロンパース型でおむつ替えのしやすい仕様になっています。素材は綿100%で肌触り、風通しも抜群。

 

 

赤ちゃんは寝相が悪いもの。就寝時に冷房を使う場合などは特に、お腹を冷やさないことが大事です。

タオルをお腹中心にかけてあげたり、上下分かれているパジャマの場合は肌着を着させたり、腹巻をしてあげましょう。こちらは便利な腹巻付きパジャマです。

在庫があまりないようで70のみになります(2018年7月現在)。

汗っかきの赤ちゃんには、専用の汗取りパッドが市販されていますよ。

たくさん汗をかいてしまった時も、このパッドだけを取り換えればいいので楽々です。こちらのパッドは6重ガーゼで、長時間さらさらをキープします。

洗うほどになじんで、愛着がわきそうですね。保冷剤を入れるポケットもついています。

 

 

スポンサードリンク




赤ちゃんの暑さ対策は寝具で!

赤ちゃんの寝具も見直してみましょう。

吸水性の高いアイテムに変えた方がいいかもしれません。布団を買い替えるのはちょっと…
という場合には、シーツなどの敷物を替えてあげるだけでも、格段に過ごしやすくなるはずです。

シーツでおすすめ商品はこちら。

無添加のガーゼで、敏感肌の赤ちゃんにも安心です。4角ゴムで着脱が楽々。洗濯した時の乾きも早く、洗うほどに柔らかく肌触りがよくなります。

 

また、布団の上にゴザを敷くのもいいですね。イグサは天然のエアコンと呼ばれ、除湿・保湿機能に優れています。

おすすめの子供用寝ゴザはこちら。

100%国産のイグサを使用し、縁布も天然コットン使用。染めから織りまで、すべて国内製造です。同じデザインと素材の枕もついています。

シーツの代わりの敷パッドを、冷感タイプのものにするのもいいですね。

こちらのキルトパッドは練りこまれたマイクロカプセルが体の余分な熱を吸収し、快適な体感温度をコントロールします。

このカプセルには、寒くなると蓄えていた熱を放出する機能もあるので、暑い夏の夜だけでなく寒い冬の夜にも活躍する万能アイテムです。

かけるのは吸水性の高いさらさらしたタオルケットなどを選びましょう。

夏の夜におすすめのタオルケットはこちら。

繊維の中間部分が空洞になった特殊な糸を使っており、吸水性・速乾性に優れているだけでなく、軽くてふんわり。素材も天然のコットン100%で、小さな子供の体に負担をかけないアイテムです。

 

おわりに

年々厳しくなる夏の暑さ。暑くて寝不足になってしまうと、体力が落ち、日中の熱中症のリスクも高まります。

暑さを言葉で訴えられない赤ちゃんの暑さ対策は、特に気を使ってあげたいですよね。赤ちゃん向けの便利なアイテムはたくさんあります。上手に活用して、夏の夜を快適に過ごしましょう。





Spread the love