1歳の夏のおすすめの過ごし方は?猛暑の夏の乗り切り方や遊び方は?

Spread the love

暑い夏の日、1歳の子供と一日一緒の時はどのように過ごしますか?

こちらが暑さでばて気味でも、子供は元気いっぱい。思いっきり遊ばせてあげたいけど、猛暑の続く夏、無理をしては体がもちませんよね。

そこで、大人にとっても快適な、暑い日のおすすめの過ごし方・遊び方をまとめました。

水遊び

1歳の夏のおすすめの過ごし方は?猛暑の夏の乗り切り方や遊び方は? 1

1歳の子供は水遊びが大好きです^^

でも海やプールは準備が大変。自宅でビニールプールを用意したり、お風呂場に浅く水をためるだけでも十分楽しめます。気を付けるポイントは、まず30分に区切って休憩させること。

水遊びは夢中になってしまい、意外に体力を消耗します。また、たとえ自宅のお風呂場であっても目を離さないでください。

1歳くらいの子供は、5㎝の水位でもおぼれることがあります。水分補給も忘れずに。水にぬれていると
気づきにくいですが、水遊びは結構汗をかくんですよ。庭やベランダなど日光の当たる場所にビニールプールを

出す場合は、特に熱中症対策と紫外線対策を万全に!

近場の公園にじゃぶじゃぶ池があるようなら、利用してみてもいいでしょう。まだおむつが外れていない場合は、利用できなかったり、水遊び用のおむつでなら利用可など公園によって異なりますので、事前にしっかり調べてから出かけてくださいね。

公共施設やお店で過ごす

1歳の夏のおすすめの過ごし方は?猛暑の夏の乗り切り方や遊び方は? 2

支援センターや児童館があれば出かけてみましょう。

空調も快適、お友達に会えれば子供同士で遊んでくれて楽々です。静かに過ごせる子なら、図書館もいいですね。

ショッピングモールや大型商業施設も、最近はキッズコーナーが充実していますよ。こちらは冷房が効きすぎていることがあるので、冷えないように服装に注意です。一枚羽織るものを持っていくといいでしょう。

散歩

1歳の夏のおすすめの過ごし方は?猛暑の夏の乗り切り方や遊び方は? 3

夏の散歩は早朝か、夕方から出かけましょう。

涼しい時間帯でも、熱中症対策と紫外線対策は必須です。帽子をかぶせ、水筒を持っていきましょう。必要に応じて日焼け止めも。また、涼しい時間帯には蚊などの活動も活発になりますので、虫よけも忘れずに!

近隣の町内会や、神社などで夕涼み、夏祭りや盆踊りがあれば出かけてみるといいですね。季節を感じられ、子供にはきっといい思い出になりますよ。

ドライブ

1歳の夏のおすすめの過ごし方は?猛暑の夏の乗り切り方や遊び方は? 4

チャイルドシートを嫌がらない子供なら、涼しい車でお出かけもいいですね。

特に目的地を決めなくても、車を走らせるだけでも気分転換になります。我が家の1歳の娘は車が動いていればご機嫌なので、この手は大いに使えそうです。

運転手のためにも、こまめな休憩を取りましょう。

クーラーを切った車内はすぐに50度近い高温になりますので、たとえ短い時間でも決して子供だけを車内に残さないようにしてください。

自宅での遊び方は

1歳の夏のおすすめの過ごし方は?猛暑の夏の乗り切り方や遊び方は? 5

日差しの強い10時から14時は、外遊びは避けましょう。自宅で過ごすなら、エアコンを上手に使ってください。

温度は27~28度に設定し、加湿器や濡れタオルで湿度を40~60%に保ちましょう。1歳の子供にとっては、体を動かすことが一番の遊びになります。音楽をかけたり、歌って手拍子をとってあげると喜びますよ。

一人で遊んでくれる環境を工夫してみましょう。布団で山を作ってあげたり、大きな紙を広げてお絵かきなど、部屋の中をいつもと違う景色にしてあげると飽きずに遊んでくれることがあります。

我が家では、水でお絵かきのできるマットが活躍します。1歳ではまだペンを上手に使えないので、コップに水を入れてマットの上に置いてあげます。

 

手を突っ込んで水しぶきを飛ばしたり、手形を付けたりして一人でも楽しそうに遊んでいますよ。水をこぼしても、小さなコップ一杯分くらいならマットが吸ってくれるので広がりません。

おわりに

暑い夏を乗り切るポイントは、自宅で過ごす時間と出かける時間をバランスよく持つことです。

リラックスと気分転換を上手に取り入れるような遊び方ができるといいですね。今年も猛暑が予想されています。無理をせずに、子供と一緒に夏を楽しみましょう!


Spread the love